デアリゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
デアリゲン
Därligen
スイスの旗
2011-07-23 Lago de Thun (Foto Dietrich Michael Weidmann) 060.JPG
デアリゲンの市章
基礎自治体(Einwohner Gemainde)
座標 : 北緯46度39分0秒 東経7度48分0秒 / 北緯46.65000度 東経7.80000度 / 46.65000; 7.80000
行政
スイスの旗 スイス
  (Kanton)
Wappen des Kantons Bern
ベルン州
  (Verwaltungskreis)
Wappen des Amtsbezirk Interlaken
インターラーケン=オーバーハスリ区
 基礎自治体(Einwohner Gemainde) デアリゲン
地理
面積  
  基礎自治体(Einwohner Gemainde) 6.9 km2
標高 567 m
人口
人口 (2018年12月31日現在)
  基礎自治体(Einwohner Gemainde) 435人
    人口密度   57人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間 (UTC+1)
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間 (UTC+2)
郵便番号 3707
市外局番 0575
公式ウェブサイト : http://www.daerligen.ch


デアリゲン: Därligen)は、スイスベルン州インターラーケン=オーバーハスリ区にある基礎自治体(Einwohnergemeinde)。

歴史[編集]

デアリゲンは、1244年テトニンゲンTedningen)という名で初めて歴史に現れる[1]。人が居住した最古の形跡は、青銅器時代の遺物が湖の岸の近辺で発見されている。中世の間は、ウンスプネン領の一部であった。1515年ベルンに編入される。

トゥーン湖に臨むデアリゲン、ウンターゼーンおよびインターラーケン
1956年の空撮写真

1872年ベーデリ鉄道がデアリゲンからインターラーケンまで開通し、1874年にはベーニゲンまで延伸された。当初この路線はスイスの鉄道網に接続しておらず、トゥーン湖ブリエンツ湖の蒸気船航路同士を繋ぐ役割に過ぎなかったので、デアリゲンですべての貨物と旅客が船と鉄道を乗り換えていた。しかし、1893年には路線が西のトゥーンまで延伸され、その先のベルンやその他の地域にも接続した。そのため、デアリゲンでは乗り換えの必要が無くなった。ベーデリ鉄道はBLS鉄道の一部となった[1][2]

地理[編集]

デアリゲンはベルン高地にあり、トゥーン湖の南岸に位置する。アーレ川が湖に注ぐ河口の湖岸に広がるが、市域にはデアリヒグラート連峰(Därliggrat)の尾根までが含まれる。

境界を接する自治体は、西側のトゥーン湖沿いにライッシゲン、尾根を挟んで南にザクセテンおよび東にヴィルダースヴィルマッテン・バイ・インターラーケン、東側のアーレ川沿いにインターラーケンである。

デアリゲンには、BLS鉄道デアリゲン駅がある。

位置図

脚注[編集]

  1. ^ a b Därligen in German, French and Italian in the online Historical Dictionary of Switzerland.
  2. ^ Interlaken Ost–Bönigen” (German). www.eingestellte-bahnen.ch. 2012年9月26日閲覧。