テルモポリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テルモポリウム(ヘルクラネウム)

古代ギリシア古代ローマにおいて、テルモポリウム(英語: thermopolium,ギリシア語: θερμοπώλιον,発音:thermopolia)とは飲食店[1]、即ち「温かい食物を提供する場所」であり、食品を用意できる商店である。今日のレストランの先駆けでもあり、テルモポリウムでは近代でいうファーストフードも時折用意されていた。こうした場所は貧困層や自分の台所を持つ余裕がない人が利用しており、上流階級の人々からは時折軽蔑の対象になった。

内装[編集]

典型的なテルモポリウムは、特有の組積造を持ったカウンターがある小さな部屋から成り立っていた。このカウンターには土瓶(ドーリアと呼ばれていた)が埋め込まれており、ナッツ等の乾物を貯蔵するのに使われた(温かい食品の場合、使用後に土瓶を清掃する必要があり、カウンターに埋め込まれている以上、温かい食品を貯蔵することはできないと信じられていて、乾物だと清掃する必要がないためでもあった)。おしゃれなテルモポリウムは、フレスコで装飾された物もあった。

保存状態の良いテルモポリウムの廃墟は、ポンペイヘルクラネウムで見ることができる。

アリーナのテルモポリウム[編集]

アリーナのテルモポリウムは、ポンペイにあるテルモポリウムの中でも完全に近い状態で残っている物の一つである。カウンターからはジョッキが完璧に残っており、ケトルは水を入れて満たす事ができる。アリーナのテルモポリウムの1階は客が飲食する目的で使用され、階段があって2階に昇るとゲストルームがある施設もあった。

玄関のドアが通りに向かって開き、食物やワインを貯蔵する(ドーリアと呼ばれる)を入れるためのがあるカウンターがあるのが、典型的な建築構造であった。ラレース(家庭の)、メルクリウス(商業)、ディオニューソス(ワインの)を、商売の最も重要な守護神として祀った。2階はゲストルームであり、大抵は旅館として使用されたが、壁面に多くの女性の名前が書かれていた事から、売春宿として利用されていたと考える人もいる。奴隷の少女が、メイドとして働いていたと考える人もいる。

テルモポリウム(ポンペイ)

参考文献[編集]

  • Ellis, Steven J. R. (2004年): 『The Distribution of Bars at Pompeii: Archaeological, Spatial and Viewshed Analyses』, Journal of Roman Archaeology, Vol. 17, pp. 371–384

脚注[編集]

  1. ^ Liddell, Henry George; Scott, Robert; 『A Greek–English Lexicon』、ペルセウス電子図書館

外部リンク[編集]