テッシェン条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

テッシェン条約ドイツ語:Frieden von Teschen)は、1779年5月13日に調印されたオーストリアプロイセン王国との間の条約。オーストリア領シュレージエンのテッシェン(テッシェン公国の首都、現ポーランド共和国シロンスク県チェシン)で締結され、バイエルン継承戦争はこれによって終結した。開戦直後から両国の交渉は始まっていたが、面子にこだわったりオーストリア国内で政治の主導権争いがあったりして、かなり長期化した。ロシアフランスの仲介もあって、10か月かけて成立した。内容は以下の通りである。