テオドール・エステン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

テオドール・エステン(または英語読みでオースティン)(Theodor Oesten1813年12月31日 - 1870年3月16日 ベルリン)は、ドイツピアノ教師で作曲家。数々の歌曲や声楽曲で成功をおさめた。

人物・来歴[編集]

エステンは、早くも子供の頃から、フュルステンヴァルトの街中の音楽家について、様々な管楽器弦楽器の演奏を覚える。19歳でベルリンに行き、ボーマー、ルンゲンハーゲン、シュナイダー、A.W.バッハらに作曲を師事する。修業を了えると、ベルリンで引く手あまたのピアノ教師として活動を始める。

1843年に、ロンド《ことし初めてのスミレ "Les premières violettes"》を、流行の感傷的な趣味によって創り出し、大成功をおさめる。その後も単純にまとめられたサロン小品を創り続け、聴衆に歓迎された。現在では、《アルプスの鐘》《アルプスの夕映え》《人形の夢と目覚め》《花売り娘》などによって名を残している。

主要作品[編集]

ピアノ曲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

外部リンク[編集]