人形の夢と目覚め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

人形の夢と目覚め: Püppchens Träumen und Erwachen: Dolly's Dreaming and Awakening[1]作品202-4は、テオドール・エステン(セオドア・オースティン)が作曲したピアノ小品

概要[編集]

1862年に発表された、6曲からなる小品集「子供の情景」(Kinderscenen)[2]の1曲で、主にピアノ初級者のための作品として知られている[3]。演奏時間は3分前後。

譜例と演奏例[編集]

「人形の夢」


 \relative c' {
  \new PianoStaff <<
   \new Staff { \key c \major \time 4/4 \partial 4 \tempo "Moderato"
\relative c'' {g8( f e4 g8 c b4 g8 d' c4 e) r c8( b a4 f'8 d c4 b c2) r4
}
  }
\new Dynamics {s4\p}
   \new Staff { \key c \major \time 4/4 \clef bass \partial 4
\relative c {r4
<<
{r8 <e g>-.[ q-. q-.] r <f g>-.[ q-. q-.] r <g c>-.[ q-. q-.] r <g c>-.[ q-. q-.] r <a d>-.[ q-. q-.] \stemDown g[ <c e>-.] g <d' f>-. \stemUp r <e g>-.[ q-. <d f>-.] <c e>4}
\\
{c,2 d e e f \stemUp g4 g \stemDown c r r}
>>
   }}
  >>
 }

エピソード等[編集]

「人形の夢」(Dolly's Dream)と記されている[4]第2の部分(上記の譜例)は、ノーリツ製給湯器の湯はりの完了を知らせるメロディに採用されている[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈・出典[編集]

  1. ^ 発表時の題名は: "Püppchens Traum": Doll's Dream)。
    Hofmeister XIX, Juli 1862”. University of London. 2017年6月16日閲覧。
  2. ^ オクターヴの開きのない、6つのやさしいピアノ小品」("Sechs leichte Clavierstücke ohne Oktavenspannung")と題されている。
  3. ^ 全音ピアノ名曲100選(初級編)”. shop.zen-on.co.jp. 2017年6月16日閲覧。
  4. ^ Doll's dream, op.202 no.4”. archive.org. 2017年6月16日閲覧。版によっては説明の記載のないものがある。
  5. ^ 新テレビCM「この曲なんだっけ」篇を4月4日(火)から全国放映 (PDF)”. noritz.co.jp. p. 3 (2017年3月9日). 2017年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]