ティエリー・サビーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1986年のパリ・ダカールラリー中のサビーヌ、1月4日

ティエリー・サビーヌ: Thierry Sabine1949年6月13日 - 1986年1月14日)はフランスのオートバイレーサーであり、1978年に世界で1番過酷なクロスカントリーラリー「パリ・ダカールラリー」を創始した人物でもある。

ダカールラリーはサビーヌの「パリからダカールまで競争しよう」という発言から始まり、現在では世界的なモータースポーツとなった。しかし1986年の大会においてヘリコプター墜落事故により亡くなった[1]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Thierry Sabine (英語) - Motorsport Memorial

外部リンク[編集]