ツルマンネングサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ツルマンネングサ
Dolnamul (stringy stonecrop) (Sedum sarmentosum) flower.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: ベンケイソウ科 Crassulaceae
: マンネングサ属 Sedum
: ツルマンネングサ S. sarmentosum
学名
Sedum sarmentosum
Bunge

ツルマンネングサ(蔓万年草、学名Sedum sarmentosum)は、ベンケイソウ科マンネングサ属に属する多年生植物の一

分布[編集]

中国朝鮮半島が原産[1]。日本にも帰化植物として定着している。

特徴[編集]

草丈15-30cm[1]つる性にとがった葉が三枚輪生する。茎は赤褐色。5-6月に黄色い花を咲かせる。

道端や河川敷に生育する。繁殖力が旺盛で、地を這うようにしてつぎつぎと殖えていく。

脚注[編集]

  1. ^ a b 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』 p.349

参考文献[編集]