チャーリー・ウォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャーリー・ウォード
Charlie Ward
Charlie Ward 1991.jpg
ウォードはフロリダ州立大学時代、フットボール選手としても活躍した。(1991年)
引退
ポジション
(現役時)
PG
背番号(現役時) 21, 17
身長(現役時) 188cm  (6 ft 2 in)
体重(現役時) 99kg (218 lb)
基本情報
本名 Charlie Ward,Jr.
ラテン文字 Charlie Ward
誕生日 1970年10月12日(44歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州トーマスビル
出身 フロリダ州立大学
ドラフト 1994年 26位
選手経歴
1994-2004
2004
2004-2005
ニューヨーク・ニックス
サンアントニオ・スパーズ
ヒューストン・ロケッツ
指導者経歴
2005-2006 ヒューストン・ロケッツ (AC)

チャーリー・ウォードCharlie Ward Jr. 1970年10月12日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。ジョージア州トーマスヴィル出身。NBAニューヨーク・ニックスなどで活躍した。フロリダ州立大学出身。

経歴[編集]

フロリダ州立大学時代の1993年にはアメリカンフットボールのクォーターバック(QB)としてパス成功率69.5%、3,032ヤードを獲得、27タッチダウンに対してインターセプトわずか4回の活躍でハイズマン賞を受賞した。また翌年1月のオレンジボウルでは、ネブラスカ大学を破り、全米1位へと大学を導いている。バスケットボールでもNCAAトーナメントでもチームをベスト4に導いた。1試合9スティール、通算236スティールの大学記録と、歴代6位の396アシストを記録している[1]

アメリカンフットボール界のスーパースターだったが、当時のトレーナーのアメフトよりバスケの方が選手寿命が長いとの説得を受けバスケに転向。速攻時の距離の長いパスはタッチダウンパスそのものだった。

1994年のNBAドラフト1巡目26位でニューヨーク・ニックスから指名を受け入団。大学時代、野球をやっていなかったが、大リーグのドラフトでミルウォーキー・ブルワーズや、ニューヨーク・ヤンキースから指名された。

努力家であり長距離シュート、ディフェンスの向上に積極的に取り組み、数少ないニックス生え抜きとして、ニューヨーク・ニックスを長い間支え続けた。1998年にはオールスタースリーポイントコンテストに選出された。

1999年にはサンアントニオ・スパーズとのNBAファイナルへニックスを導く活躍をした[1]

その後は、2000-01シーズン途中からマーク・ジャクソン、ジャクソン移籍後はハワード・アイズリーに先発の座を奪われ、ベンチから出場する機会が増えた。2003-04シーズン途中にステフォン・マーブリーら交換でフェニックス・サンズに放出された後に解雇され、残りのシーズンはサンアントニオ・スパーズで過ごした。

2004-05シーズン8月、ニックス時代の監督ジェフ・ヴァン・ガンディが率いるヒューストン・ロケッツと契約し[2]プレイした。シーズン終了後、選手引退を表明し[3]翌シーズンはロケッツのアシスタントコーチを務めた[4]

2008年1月、高校のバスケットボールコーチに就任した[4]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Bio”. SEMINOLES.COM. 2013年12月15日閲覧。
  2. ^ Rockets Sign Bob Sura and Charlie Ward”. nba.com (2004年8月9日). 2013年12月15日閲覧。
  3. ^ The end for Ward”. NBA FORUM (2005年10月6日). 2013年12月15日閲覧。
  4. ^ a b Charlie Ward leaves NBA spotlight to coach Christian high school”. jcsuperstars.wordpress.com (2008年1月9日). 2013年12月15日閲覧。

外部リンク[編集]