チャイルドフッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社チャイルドフッド
Childhood Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報
GSエマージング(廃止) 3728
2003年11月26日 - 2006年11月14日
本社所在地 902-0072
沖縄県那覇市真地175-1
設立 2002年1月1日
業種 食料品
事業内容 出版
代表者 中元英機(代表)
資本金 5,375万円
従業員数 6名
決算期 8月31日
テンプレートを表示

チャイルドフッドは、かつて沖縄県にあった出版社である。

グルメ情報誌「100Series」および生活情報フリーブック便利帳シリーズの発行、総合生活サイト「エンタモ」の運営等を行っていた。

初出版となる「Cafe100」がベストセラーとなり、「100シリーズ」を続々と発刊した。

一時はグリーンシートに登録し上場を目指すも、急激な規模拡大と多角化が裏目に出て経営が悪化。事業及び人員の大幅な整理を行うとともに、グリーンシート登録も取り消し[1]経営再建に取り組んだが業況は好転せず、2007年11月28日付の株主総会にて解散を決議した[2]

沿革[編集]

  • 2001年3月1日 - 個人事業「編集工房チャイルドフッド」を創業。
  • 2001年9月 - 100シリーズ出版の企画を開始。
  • 2002年1月1日 - 株式会社チャイルドフッドへと組織変更。
  • 2003年11月26日 - グリーンシート市場へ株式を公開。
  • 2004年3月 - おもろまちに直営店「Sample Box」を開業。
  • 2004年8月 - 企業向け (BtoB) 月刊誌フリーペーパー「BIZarea」創刊。
  • 2004年8月 - 福岡市中央区天神に九州支社を設立。
  • 2004年9月 - 福岡市中央区天神に「Sample Box福岡」を開業。
  • 2005年8月 - チャイルドフッド九州オフィスを閉鎖し、事業機能を沖縄本社に統合。
  • 2006年5月 - 東京オフィスを始動(東京都港区)。
  • 2007年11月28日 - 株主総会で解散を決議。

脚注[編集]

  1. ^ チャイルドフッド グリーンシート撤退(琉球新報)
  2. ^ チャイルドフッド解散、負債3000万 - 琉球新報