ダンヒル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダンヒル銀座本店

ダンヒル (Alfred Dunhill, Ltd.) は、イギリスを代表する高級ファッションブランドで、リシュモングループに属する。

概要[編集]

創業[編集]

1880年に馬具専門製造卸売業としてロンドンで創業。

その後、1893年アルフレッド・ダンヒルが父親から家業を受け継ぎ、衣類や小物の製造業にも乗り出すなど事業を拡大した。その後自動車が普及することを見越し、自動車旅行用品を多く売り出した。その種類の豊富さは、しばしば「エンジン以外なら何でも揃えている」と表現され、ダンヒル商品の多くは「モートリティーズ」という言葉が1つのキーワードとなる。この言葉は自動車(Motoring)と権威(Authorities)を組み合わせた造語で、コンセプトのような位置づけであった。また創業当時のブティック名は「ダンヒル モートリティーズ」だった。

現在ではスーツ、カジュアルなどの衣類を中心に、バッグや財布などのレザー、カフリンクスやタイバーなどのアクセサリなど、男性向けファッションアイテムを展開している。尚、現デザイナーはかつてGUCCIでデザイナーを務めたジョン・レイ。本店はロンドンメイフェアの「ボードンハウス」。「ホーム」と呼ばれる旗艦店はロンドンのボードンハウスの他に、銀座、香港、上海に合計4店舗存在する。

サッカー日本代表オフィシャルスーツを2000年から提供。スコットランドのセントアンドリュースでAlfred Dunhill Links Championshipを30年以上開催している。

二代目アルフレッド・ダンヒルの弟、トマス・ダンヒルは作曲家として著名。

リシュモングループ傘下[編集]

現在は、フランスカルティエスイスIWCドイツモンブランなどのラグジュアリーブランドを多数所有する、スイスのリシュモングループ(Richemont、Compagnie Financière Richemont SA)の傘下となっている。(1993年に傘下入り)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]