ダニエル・プラサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はプラサ第二姓(母方の)はモンテーロです。
獲得メダル
スペインの旗 スペイン
陸上競技
オリンピック
1992 バルセロナ 男子 20km競歩
世界陸上選手権
1993 シュトゥットガルト 男子 20km競歩
ヨーロッパ陸上選手権
1990 スプリト 男子 20km競歩

ダニエル・プラサ(Daniel Plaza Montero、1966年7月3日 - )は、スペインの陸上競技選手。1992年バルセロナオリンピックの金メダリストである。カタルーニャ州バルセロナ出身。

経歴[編集]

プラサは、1990ヨーロッパ選手権20km競歩で銀メダルを獲得。翌1991年世界陸上選手権20km競歩でも終盤、優勝したマウリッソ・ダミラノ、2位のミハエル・シチェンニコフと競り合い3位でフィニッシュしたもののフィニッシュ後に歩型違反で失格。。

しかし、1992年、地元で行われたバルセロナオリンピックの20km競歩では金メダルを獲得。スペインがオリンピックの陸上競技で獲得した初めての金メダルをなった。

1996年のスペイン選手権の後、プラサから禁止薬物のナンドロロンを検出したとの発表がなされた。これに対し、プラサは自らのドーピングを否定。妊娠していた妻とのオーラルセックスが原因と主張した。(妊婦は体内でステロイドを生成することがある。)プラサはオリンピックに出場する権利を有していたため、1996年アトランタオリンピックの20km競歩に出場できたが、プレッシャーに負けたのか、11位と惨敗してしまった。

1997年、プラサに対し、スペインスポーツ規律委員会から2年間の出場停止の処分が課された。しかし、1998年、国際陸連はプラサにナンドロロンの使用の形跡が見られなかったことからドーピングの制裁を解除。2006年スペインの最高裁判所は、プラサの無実を支持する判決を出し、10年という長い年月を経て、彼の疑いは晴れることとなった。

日本選手とも交友があり、1996年から2000年にかけて日本競歩チームが彼のコーチであったジョルディ・ロパルトのもとで合同合宿を行なっていた。

自己ベスト[編集]

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1988 オリンピック ソウル韓国 20km競歩 12位 1時間21分53秒
1990 ヨーロッパ陸上選手権 スプリト(ユーゴスラビア) 20km競歩 2位 1時間22分22秒
1991 世界陸上選手権 東京(日本) 20km競歩 - DQ
1992 オリンピック バルセロナ(スペイン) 20km競歩 1位 1時間21分45秒
1993 世界陸上選手権 シュトゥットガルト(ドイツ) 20km競歩 3位 1時間23分18秒
1995 世界陸上選手権 ヨーテボリ(スウェーデン) 20km競歩 - DQ
1996 オリンピック アトランタ(アメリカ合衆国) 20km競歩 11位 1時間22分05秒
1997 世界陸上選手権 アテネ(ギリシャ) 20km競歩 10位 1時間23分53秒

外部リンク[編集]