ターストルプ条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ターストルプ条約(ターストルプじょうやく、英語: Treaty of Taastrup)は北方戦争中の1658年2月18日ユリウス暦)に締結された[1]スウェーデンカール10世デンマーク=ノルウェーフレデリク3世の間の条約。当時、デンマークとスウェーデンは敵対していたが、スウェーデンによる氷上侵攻の成功でデンマークは慌てて交渉を再開、予備講和条約としてターストルプ条約が締結された[2]

内容[編集]

条約の内容は下記の通り[2]

唯一譲歩と言えるのは、スウェーデンがデンマークとホルシュタイン=ゴットルプ公フレゼリク3世との間の紛争に介入しないと約束したことだけだった[3]

その後[編集]

1週間後の2月26日(ユリウス暦)、ロスキレ条約が締結され、ターストルプ条約は一部の微小な変更を除いてそのまま確認された[3]

脚注[編集]

  1. ^ Verzijl, J. H. Jan Hendrik Willem (1968) (英語). International Law in Historical Perspective: Index. Martinus Nijhoff Publishers. p. 244. ISBN 9789041105486. https://books.google.com.hk/books?id=SG9V4GjvS8YC&pg=PA244. 
  2. ^ a b Bain, R. Nisbet (2014) (英語). Scandinavia: A Political History of Denmark, Norway and Sweden from 1513 to 1900. Cambridge University Press. p. 247. ISBN 9781107688858. https://books.google.com.hk/books?id=Obs0AAAAQBAJ&pg=PA247. 
  3. ^ a b Bain, R. Nisbet (2014) (英語). Scandinavia: A Political History of Denmark, Norway and Sweden from 1513 to 1900. Cambridge University Press. p. 248. ISBN 9781107688858. https://books.google.com.hk/books?id=Obs0AAAAQBAJ&pg=PA248.