タンザニア革命党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タンザニア革命党(タンザニアかくめいとう、スワヒリ語:Chama Cha Mapinduzi, CCM)は、タンザニアの政党の1つで現与党[1]。党本部はドドマに置かれている。

前身はタンガニーカ・アフリカ民族同盟(TANU)で、1977年中国[2]の支援で建設されたアマーン・スタジアム英語版にてザンジバルアフロ・シラジ党(ASP)と統合してタンザニア革命党を設立した。1961年タンガニーカ独立、1964年のタンガニーカ・ザンジバル両国統合後、そして現在も、TANUからCCMへの改称はあったにせよ、同国の政権を一貫して担い続けている。1992年憲法改正で制度上は複数政党制が認められたものの、1986年までの社会主義的政策で全土に根を張ったCCMの支配力は大きく、1995年の大統領選・議会選では、CCMのベンジャミン・ウィリアム・ムカパ元外相が大統領に当選し、議会でもCCMの支配は揺るがなかった。以降、2018年現在も歴代の大統領、首相は全員がCCM所属である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Elections in Tanzania(英語),2011-02-21閲覧
  2. ^ Ogunsanwo, Alaba (1974). China's Policy in Africa, 1958-71. Cambridge: Cambridge University Press. p. 251.

外部リンク[編集]