タンキリマメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タンキリマメ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : バラ類 Rosids
階級なし : 真正バラ類I Eurosids I
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: インゲン連 Phaseoleae
亜連 : キマメ亜連 Cajaninae
: タンキリマメ属 Rhynchosia
: タンキリマメ R. volubilis
学名
Rhynchosia volubilis
Lour.[1]
和名
タンキリマメ(痰切豆)

タンキリマメ(痰切豆、学名: Rhynchosia volubilis)は、マメ科タンキリマメ属つる性多年草。別名、「キツネマメ」「ウイロウマメ」ともよばれる[2]和名の由来は、種子(豆)を食べるとを止める作用があるという俗説からつけられている[2][3]

特徴[ソースを編集]

つるは、左から右巻きで、他の植物に絡み合って長く伸びる[2]。若いつるは、緑色をしており下向きの褐色の毛で覆われるが、やがて古くなると毛はなくなって木質化する[2]

葉は互生で、1つの葉柄に3つの小葉がつく。葉の形状はクズにも似るが、クズよりは小さい[4]小葉は長さ4cm前後、幅は広く菱型をしており、厚くしわが多く、両面に柔らかく短い毛が密生する。葉縁は中央より上が幅広く、基部は直線的になる。先端は尖るが同属のトキリマメほどではない[4]。葉脈は小葉の基部からまっすぐ伸びて目立ち、葉の裏面で隆起する[4]

花期は、7 - 9月の夏から初秋にかけて淡黄色のが咲く。葉腋から長さ5cmほどの総状花序が上向きにまっすぐ出て、1つの花序に10数個の長さ1cmほどある蝶形の花がつく。花が咲き終わると、花序は更に倍近く伸びる[4]

果実豆果で、(さや)の長さは1.5cmほどあり、全体が毛で覆われる。莢の中間部はややくびれており、晩秋に熟すとやがて緑色から鮮やかな赤色に変化する[4]。完全に熟すと莢が裂けて、中から直径4mmほどの変形した楕円形の黒く光沢のある種子が2つ出てくる[4]。この種子は、莢が裂けたあとも、はじき飛ばされることなく莢の縫合線となる縁にぶら下がったまま冬まで残る[4]

分布・生育地[ソースを編集]

本州関東以西から四国九州沖縄まで分布する[2]。日当たりのよい野原や林縁に生える[2]

タンキリマメ属[ソースを編集]

タンキリマメ属(タンキリマメぞく、学名: Rhynchosia)は、マメ科の一つ。花や葉、豆果ともにタンキリマメによく似た種にトキリマメがある[2]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)”. 2011年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 谷川栄子 2015, p. 40.
  3. ^ 『野に咲く花』、286頁。
  4. ^ a b c d e f g 谷川栄子 2015, p. 41.

参考文献[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]