タラナキ地方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
緑色の部分がタラナキ地方
Taranaki
Taranakiの公式ロゴ
Location of Taranaki
Country New Zealand
Island 北島 (North Island)
Seat Stratford
行政区分 (Territorial authorities)
行政
 • Chairperson David MacLeod
面積
 • Region 7,257km2
人口
 • Region 117,561人
等時帯 UTC+12 (NZST)
 • 夏時間 UTC+13 (NZDT)
ISO 3166コード NZ-TKI
HDI (2017) 0.930[2]
very high · 3rd
ウェブサイト www.trc.govt.nz

タラナキ地方(タラナキちほう、: Taranaki Regionマオリ語: Taranaki)は、ニュージーランド (NZ) の北島西海岸に位置する地方。中心都市はニュープリマス。地域人口は117,561人(2018年[3])。周辺面積は7,257平方キロメートル (km2)。ニュー・プリマスにおよそ6割の人口が集中している。NZ全体に対するタラナキ地方の人口割合は2.5%である。

地理[編集]

タラナキ山(エグモント山)

周辺を火山に囲まれ、火山灰が堆積した土地は熱を保ち、農業・酪農・畜産に適している。標高2518メートルの成層火山タラナキ山(英称:エグモント山)は、周辺地域を象徴する山であり北島で2番目に高い山である。タラナキ山は活火山であり、過去に8度の噴火を経験しているが、1755年噴火を最後に現在は休火山である。現在もタラナキ山はマオリ族の聖地として崇められる。マオリ族出身者の呼ぶタラナキ山と異なり、ジェームズ・クックがエグモント山と英称をつけ直した。現在の正式名は「マウント・タラナキ オア マウント・エグモント (Mount Taranaki or Mount Egmont)」である。タラナキ山を含む周辺一体は国立公園に指定され、広大な原生林の保護地区でもある。

歴史[編集]

行政[編集]

1853年から1876年まではタラナキ州として自治され、現在はタラナキ地方議会により行政活動が運営されている。

主要都市[編集]

主なスポーツチーム[編集]

主な著名人[編集]

その他[編集]

日本富士山と形状が似ているタラナキ山(エグモント山)は、2003年に公開された映画『ラスト サムライ』のロケ地に選ばれた。

2003年に、『ラスト サムライ』に出演した小山田真は、ニュー・プリマス市に貢献したため同市長からゴールドキーが贈られた。

出典[編集]

  1. ^ "Population estimate tables - NZ.Stat". Statistics New Zealand. 2020年10月22日参照。
  2. ^ Sub-national HDI - Area Database - Global Data Lab”. hdi.globaldatalab.org. 2018年9月13日閲覧。
  3. ^ Statistical area 1 dataset for 2018 Census – updated March 2020”. 2020年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]