タパイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タパイを作る女性

タパイ(Tapai)はインドネシアとマレーシア醸造酒および発酵食品タペ(tape)とも呼ばれる[1]ボルネオ島北部のサバ州で作られ、壺酒として飲んだり甘酒状のスナックとして食べる事もある[1][2]

概要[編集]

粳米を蒸し煮し、直径1cmほどに丸める[2]もち米黒米キャッサバを用いる事もあり、キャッサバなら皮をむいて煮る[3]。米1kgに対して約3個のラル・バタイと呼ばれる餅麹を砕いて散布し、軽く混合してからに入れて蓋をする[2]サバ州の25 - 35の気温で2日ほど経つと米の形が崩れ始め、発酵によりガスが発生する[2]。スナックとする場合は、この段階で食べる。さらに液化が進み、1週間ほどでタパイが完成となる[2]。色調はやや黄色[2]アルコール度数は20%ほどである[4]

壺酒として飲む場合は、タパイの入った甕に水を注いで1 - 2時間置き、底まで届く長いストローを差し込んで回し飲みする[5]。また、タパイを蒸留してハーブの根などを加えた蒸留酒も祭礼などで飲まれる[4]。食用とする場合は、バナナで包んで屋台などでも販売される[3]。タパイを乾燥させた落雁のような菓子もある[3]

脚注[編集]

参考文献[編集]