タナカ (化粧)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
タナカを付けたミャンマーの少女たち
タナカの原料となる木

タナカ (ビルマ語: သနပ်ခါး/t̪ənəkʰá/[1]; ラテン文字表記: Thanaka) は、ミャンマーで使用されている、天然の化粧品である。

色は主に黄土色で、茶色っぽいものから、白色っぽいものまである。化粧としてだけでなく、日焼け止めとしての意味もある。原料であるタナカの木から作られる。タイでも、ミャンマー国境近くを中心に見られる。ロンジーと共に、ミャンマーのお土産としても、人気がある。

原料と製造[編集]

タナカをすりつぶすための挽臼 Kyauk pyin

タナカの原料となる樹木は数種あり、ミャンマー中央部で豊富に成育する。主に「タナカ」と呼ばれるゲッキツ属の複数種の樹木が原料になるが[2]、「theethee」[注 1]と呼ばれるウッドアップル(別名: ゾウノリンゴナガエミカン; 学名: Limonia acidissima[注 2]もまた原料になる[3]。以下の解説における「タナカの木」はこれら樹木の総称とする。

もっとも普及しているものは、ザガイン地方域から産する「Shweboタナカ」と、マグウェ地方域から産出する「Shinmadaung タナカ」の二つである。ペースト状で販売されているより近年の競合品は、シャン州南部から生産される「タウンジー Maukme タナカ」である。

タナカの木が、良質な原料として十分なほど成熟していると認められるまでには、少なくとも35年は必要とされる。タナカの木は、小さな丸太状のものを個々にあるいは束にして販売される。しかし今日では粉末状またはペースト状の商品も利用できる。

ペースト状のタナカは、タナカの木の根や木材や砕片などを[2]、少量の水と共に[3] kyauk pyin と呼ばれる挽臼ですりつぶすことで作られる[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ビルマ語: သီးသီး /t̪íd̪í/。ただし大野 (2000)はこの名詞の意味を「ゾウノリンゴの実」とし、ゾウノリンゴを指す語はタナカ(သနပ်ခါး)や သီး /t̪í/ としている。
  2. ^ シノニムの一つに Feronia elephantum がある。

出典[編集]

  1. ^ 大野, 徹『ビルマ(ミャンマー)語辞典』大学書林、2000年、701・714。ISBN 4-475-00145-5
  2. ^ a b Mabberley, D J (1997). The Plant-Book: A Portable Dictionary of the Vascular Plants. Cambridge University Press. p. 470. ISBN 0-521-41421-0. http://books.google.com/books?id=ZVdoUPtqKCIC&pg=PA470&sig=-8UF8wyqr1cgqTVH9NYa-9jOU7c 2008年1月21日閲覧。. 
  3. ^ a b Köllner, Helmut & Axel Bruns (1998). Myanmar (Burma). Hunter Publishing. p. 18. ISBN 3-88618-415-3. http://books.google.com/books?id=y42DMkS3ZXUC&pg=PA18&sig=l3ITfdkn7kHn2COMm08PqzO3PDk 2008年1月21日閲覧。. 
  4. ^ J Moe (2008年9月17日). “Thanaka withstands the tests of time”. Mizzima News. オリジナルの2008年9月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080920120939/http://www.mizzima.com/news/regional/1053-thanaka-withstands-the-tests-of-time.html 2008年12月6日閲覧。 

関連項目[編集]