カベアナタカラダニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
タカラダニから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
カベアナタカラダニ
Erythraeidae parasitic larva 01.jpg
同じ科に属す赤いダニ(ニュージーランド)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
亜門 : 鋏角亜門 Chelicerata
: クモ綱 Arachnida
: ダニ目 Acari
亜目 : ケダニ亜目 en:Prostigmata
: タカラダニ科 en:Erythraeidae
: アナタカラダニ属 Balaustium
: カベアナタカラダニ murorum

カベアナタカラダニBalaustium murorum(Hermann))は、節足動物門鋏角亜門クモ綱ダニ目ケダニ亜目タカラダニ科アナタカラダニ属に分類されるダニの一種。

特徴[編集]

日本では北海道から沖縄まで全域に分布する。体長1mm前後と比較的大型で、全身が赤~赤橙色なのでよく目立つ。関東地方では4月下旬から6月にかけ、ビルの屋上や住宅のベランダなどコンクリート表面で大量発生する事がある。

動きが素早く、真っ赤な体色から気味悪がられ、1980年頃から不快害虫として駆除対象にされている[1]

生態[編集]

あまり詳しいことは知られておらず、2001年に幼虫が発見されるまでは同属のハマベアナタカラダニと間違われていた。 関東地方では3月末に幼虫が見られ、4月下旬から5月中下旬に成虫が大量発生し、7月にかけて漸減してゆく事が確認されている[2][3]

食性は雑食で、花の花粉や小型の昆虫を摂食する[4]。タカラダニの名は、セミに寄生している幼虫を、セミが宝を抱えていると見なした事に由来するとされる。

哺乳類は摂食対象ではないためヒトを「刺す」ことはないが、潰して体液に長時間接触すると皮疹を生じるおそれがある[5]。また、吻の構造が細長いため(払いのけるなどして)偶発的にヒトの皮膚に刺さって皮疹をおこした虫咬例がある。本種では札幌で1例、アメリカカナダに分布する別の種で4例の皮疹が報告されている[6]

コンクリート表面に棲む理由は、コケなどの地衣類が住処と食物を提供する、春先で花粉が大量に付着して餌が豊富、天敵が居ない、などが推測されている。

脚注[編集]

  1. ^ タカラダニをご存知ですか? 京都府保健環境研究所
  2. ^ カベアナタカラダニの生態に関する観察事例 東京都健康安全研究センター
  3. ^ 島野 智之,メーリングリストアーカイブ 農林水産研究情報総合センター
  4. ^ 芝 実,原色ペストコントロール図説第V集(2001)p52-57,日本ペストコントロール協会
  5. ^ カベアナタカラダニの短期接触による皮膚障害発生の可能性 CiNii論文
  6. ^ 芝 実,第44回全国環境衛生大会講演集(2000/11)p29,日本環境衛生センター