ソー・イン・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ソー・イン・ラヴ」(So in Love)は、コール・ポーター作曲のミュージカル・ナンバー。ジャズスタンダード・ナンバーにもなった。

概要[編集]

1948年、ミュージカル『キス・ミー・ケイト』の劇中歌として作曲された。ミュージカルで、パトリシア・モリソンスペイン語版が歌ったのが最初である。

その後、パティ・ペイジのレコード録音をはじめとして、エラ・フィッツジェラルドらのジャズ歌手の活躍により、ジャズのスタンダードナンバーとして定着する。有名な歌手がこの曲を取り上げ、演奏・録音を行っている。歌手なしの器楽のみによる演奏も行われている。

日本においては、ピアノ協奏曲風にアレンジされたモートン・グールド楽団の演奏[1]が、NETテレビ⇒テレビ朝日の『日曜洋画劇場』エンディングテーマに、1967年4月9日の番組開始から2003年9月28日まで使用された。「日曜洋画劇場のエンディングテーマ」として、日本では認識度が上がるが、元からのクラシック音楽として勘違いされるにいたる。この「エンディング・テーマ」についてピアニストの中村紘子が、セルゲイ・ラフマニノフの作品と勘違いしたと、『題名のない音楽会』で述べたことがある[2]

カバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1951年7月12日にモノラル録音されたもの。同年、他のミュージカルの楽曲7曲と合わせ『Curtain Time』というアルバムとして、米コロムビアから発売された(レコード番号:ML-4451)。
  2. ^ 音楽の羅針盤 - コール・ポーター - 「ソー・イン・ラヴ」~ミュージカル「キス・ミー・ケイト」より

外部リンク[編集]