ソール・ライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソール・ライター
Saul Leiter
Saul leiter by pierre belhassen.jpg
2008年5月26日、ニューヨークにて。
生誕 (1923-12-03) 1923年12月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没 (2013-11-26) 2013年11月26日(満89歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
職業 写真家画家

ソール・ライター(Saul Leiter、1923年12月3日 - 2013年11月26日)は、アメリカ合衆国写真家画家

来歴[編集]

ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれる。父親は著名なタルムード学者で、ソールはラビを目指して学んだ。母親は彼が12歳の時に最初のカメラを与えた[1]。23歳で神学校を去り、アーティストを志してニューヨークに移った。当初は絵画に関心を持ち、抽象表現主義の画家リチャード・パウセット=ダート英語版と出会う幸運に恵まれた。

パウセット=ダートとユージン・スミスはライターに写真を撮る事を勧めた。彼は直ぐに数枚のスミスの写真を参考に35mmライカ白黒写真を撮り始めた。1948年には、カラー写真を撮り始める[1]ロバート・フランクダイアン・アーバスなどの写真家との交流が始まり、1940年代から1950年代にかけてジェーン・リビングストン英語版がニューヨークに写真学校 (New York school of photography) を設立するのを手助けした[2]:259

続く20年間はファッションカメラマンとして働き、Show、ELLE、英国版ヴォーグ、Queen、Novaなどの雑誌に掲載された。1950年代後半、アートディレクターのヘンリー・ウルフ英語版エスクァイアや後にハーパーズ バザーでライターのカラー作品を紹介した。

1953年、エドワード・スタイケンニューヨーク近代美術館の「Always the Young Stranger」展にライターの白黒写真を加えた。ライターの仕事はジェーン・リビングストンの本「The New York School」(1992年)[2]や、マーティン・ハリスン英語版の「Appearances: Fashion Photography since 1945」(1991年)で特集された。2008年、アンリ・カルティエ=ブレッソン財団はヨーロッパで初めてライターの美術館展示を目録発刊と共に行なった。

2012年、トーマス・リーチはライターをテーマとした長編ドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』を製作・監督した[3]。またライターはセカンド・ステート・プロダクションの2015年のドキュメンタリー映画『Tracing Outlines』でも取り上げられている。

『Saul Leiter Early Color』(2006年)の編者で著者のマーティン・ハリスンは「ライターの感受性は… 例えば写真家のロバート・フランクやウィリアム・クラインが連なる都会の不安との本能的対立の外側に自分を置いた。その代わりカメラは彼に見て、事象を作り出し、現実を解釈する交互の方法を与えた。彼はマンハッタンの大混乱の中で静かな人間的瞬間を捜し、最もありそうもない状況からユニークな都会の牧歌を創り出した。」と書いた[4]

2013年11月26日、ニューヨークで死去[5]

出版物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sire, Agnès. Saul Leiter, Steidl Publishers, Göttingen, Germany 2008.
  2. ^ a b Jane Livingston, The New York School: Photographs 1936–1963 (New York: Stewart, Tabori & Chang, 1992; ISBN 1-55670-239-6).
  3. ^ O'Hagan, Sean (2013年11月29日). “Saul Leiter obituary”. ガーディアン. 2013年12月8日閲覧。
  4. ^ Harrison, Martin. Saul Leiter Early Color.
  5. ^ Gemma Padley (2013年11月27日). “Photographer Saul Leiter has died”. British Journal of Photography. 2017年4月21日閲覧。

外部リンク[編集]