ソール・ライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソール・ライター
Saul Leiter
Saul leiter by pierre belhassen.jpg
2008年5月26日、ニューヨークにて。
生誕 (1923-12-03) 1923年12月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ
死没 (2013-11-26) 2013年11月26日(89歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
職業 写真家画家

ソール・ライター(Saul Leiter、1923年12月3日 - 2013年11月26日)は、アメリカ合衆国写真家画家。1940年代と1950年代の初期作品は、のちに「“ニューヨーク派”写真」と認識されるものに重要な貢献をした[1][2][3]:259

来歴[編集]

ペンシルベニア州ピッツバーグに生まれる[4]。父親は著名なタルムード学者で、ソールはラビを目指して学んだ。母親は彼が12歳の頃に最初のカメラを与えた[5][4]。1946年、22-23歳で神学校を去り、アーティストを志してニューヨークに移った[6][1][7]。当初は絵画に関心を持ち、抽象表現主義の画家リチャード・パウセット=ダート英語版と出会う幸運に恵まれた[6][1]

パウセット=ダートとユージン・スミスはライターに写真を撮る事を勧めた。彼はすぐに数枚のスミスの写真を参考に35mmライカ白黒写真を撮り始めた。1948年には、カラー写真を撮り始める[5][4][1]ロバート・フランクダイアン・アーバスなどの写真家と交流するようになり、1940年代と1950年代、ジェーン・リビングストン英語版の呼ぶ「“ニューヨーク派”写真家たち」が形づくられる助けとなった[3]:259

続く20年間はファッションカメラマンとして働き、『Show』、『ELLE』、『英国版ヴォーグ』、『Queen』、『Nova』などの雑誌に掲載された[8]。1950年代後半、アートディレクターのヘンリー・ウルフ英語版は『エスクァイア』や後に『ハーパーズ バザー』でライターのカラー作品を紹介した[8][1]

1953年、エドワード・スタイケンニューヨーク近代美術館の「Always the Young Stranger」展にライターの白黒写真を加えた[4]。ライターの作品はジェーン・リビングストンの本『The New York School』(1992年)[3]や、マーティン・ハリスン英語版の『Appearances: Fashion Photography since 1945』(1991年)で特集された[8]。2008年、パリのアンリ・カルティエ=ブレッソン財団は、ヨーロッパで初めてのライターの展覧会を[8]、展覧会カタログを伴って開催した。

2012年、トーマス・リーチはライターをテーマとした長編ドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』を製作・監督した[9][8][1]。またライターはセカンド・ステート・プロダクションの2015年のドキュメンタリー映画『Tracing Outlines』でも取り上げられている。

『Saul Leiter Early Color』(2006年)の編者で著者のマーティン・ハリスンは「ライターの感受性は…ロバート・フランクやウィリアム・クラインといった写真家が関連づけられる、都会の不安との赤裸々な対峙の外側に自分を置いた。その代わりカメラは彼に、見て、事象を切り取り、現実を解釈する別の方法を与えた。彼はマンハッタンの大混乱の中で静かな人間らしい瞬間を捜し、最もありそうもない状況からユニークな都会の田園詩を創り出した。」と書いた[10]

2013年11月26日、ニューヨークで死去[11][8]

出版物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 見どころ | ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展 | Bunkamura”. www.bunkamura.co.jp. 2020年9月13日閲覧。
  2. ^ FUSOSHA (2017年6月9日). “伝説の写真家、ソール・ライターとは?” (日本語). Numero TOKYO. 2020年9月13日閲覧。
  3. ^ a b c Jane Livingston, The New York School: Photographs 1936–1963 (New York: Stewart, Tabori & Chang, 1992; ISBN 1-55670-239-6).
  4. ^ a b c d ソール・ライターのすべて 2017, p. 304.
  5. ^ a b Sire, Agnès. Saul Leiter, Steidl Publishers, Göttingen, Germany 2008.
  6. ^ a b ソール・ライターのすべて 2017, pp. 283,304.
  7. ^ ソール・ライターのこと | ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター | Bunkamura”. www.bunkamura.co.jp. 2020年10月4日閲覧。
  8. ^ a b c d e f ソール・ライターのすべて 2017, p. 305.
  9. ^ O'Hagan, Sean (2013年11月29日). “Saul Leiter obituary”. ガーディアン. 2013年12月8日閲覧。
  10. ^ Harrison, Martin. Saul Leiter Early Color.
  11. ^ Gemma Padley (2013年11月27日). “Photographer Saul Leiter has died”. British Journal of Photography. 2017年4月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • ソール・ライター『All about Saul Leiter ソール・ライターのすべて』青幻舎、2017年5月15日、第4刷。ISBN 9784861526169

外部リンク[編集]