ロバート・フランク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 ロバート・フランク
生年月日 (1924-11-09) 1924年11月9日
没年月日 (2019-09-09) 2019年9月9日(94歳没)
出身地 スイスチューリッヒ
テンプレートを表示

ロバート・フランク(Robert Frank, 1924年11月9日 - 2019年9月9日[1])は、アメリカ合衆国写真家。現代を代表する写真家の一人である。

経歴[編集]

スイスチューリッヒ生まれ。1947年にアメリカに渡る。「ハーパーズ・バザー」のファッション・カメラマンをへて、1951年に雑誌「ライフ」の若手写真家コンテストで入賞。外国人として初のグッゲンハイム奨学金を受け、1955年から56年にかけてアメリカ撮影旅行にでかける。1958年、代表作である「アメリカ人」("Les Americains")をフランスで発表、翌年にはジャック・ケルアックが序文を書いたアメリカ版(The Americans)が出版され、後に続く写真家に多大な影響を与えた。

一時は映画製作を中心に活動し、写真界から離れ個人映画の制作に没頭。「わたしのヒナギクを摘め(Pull My Daisy)」(’59年)などを制作。1972年には写真集第2作目「私の手の詩(The Lines of My Hand)」を日米で出版した。

2019年9月9日、カナダノバスコシア州にて死去[1]

代表作[編集]

  • アメリカ人 "Les Americains" (1958年 Robert Delpire)
  • Lines of My Hand(1972年 Lustrum press)
  • Moving Out(回顧展の図録 1994年 Scalo Publishers)

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]