ソニック・ナース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ソニック・ナース
ソニック・ユーススタジオ・アルバム
リリース
録音 2003年1月 - 3月、2003年7月 - 2004年2月 ニューヨーク エコー・キャニオン[2]
ジャンル オルタナティヴ・ロック実験音楽
時間
レーベル DGC
プロデュース ソニック・ユース
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 21位(ノルウェー[3]
  • 23位(ベルギー・フランデレン地域[4]
  • 40位(フランス[5]
  • 47位(日本[1]
  • 64位(アメリカ[6]
  • 87位(ベルギー・ワロン地域[7]
  • 89位(ドイツ[8]
  • 98位(オランダ[9]
  • ソニック・ユース 年表
    ムーレイ・ストリート
    (2002年)
    ソニック・ナース
    (2004年)
    SYR6: Koncertas Stan Brakhage Prisiminimui
    (2005年)
    テンプレートを表示

    ソニック・ナース』(Sonic Nurse)は、アメリカ合衆国オルタナティヴ・ロックバンドソニック・ユース2004年に発表したスタジオ・アルバム

    解説[編集]

    本作は『NYC ゴースツ&フラワーズ』(2000年)、『ムーレイ・ストリート』(2002年)と共にソニック・ユースの「ニューヨーク三部作」として位置づけられている[10]。前作『ムーレイ・ストリート』に続いてジム・オルークが5人目のメンバーとして全面参加しており、オルークはミキシングも担当した。ジャケットの絵は、アメリカの画家リチャード・プリンス英語版による。

    「キム・ゴードン・アンド・ジ・アーサー・ドイル・ハンド・クリーム」は、他の曲よりも早い2003年1月から3月にかけてレコーディングとミキシングが行われた[2]。この曲は当初「マライア・キャリー・アンド・ジ・アーサー・ドイル・ハンド・クリーム」というタイトルだった[11]。「パターン・レコグニション」のタイトルはウィリアム・ギブスンの同名小説に基づいており、当初は「It's the Mayhem!」という仮タイトルだった[12]

    バンドの母国アメリカでは、『ア・サウザンド・リーヴズ』(1998年)以来6年ぶりにBillboard 200でトップ100入りした[6]

    収録曲[編集]

    全曲ともソニック・ユース作。

    1. パターン・レコグニション - Pattern Recognition – 6:33
    2. アンメイド・ベッド - Unmade Bed – 3:53
    3. ドリッピング・ドリーム - Dripping Dream – 7:46
    4. キム・ゴードン・アンド・ジ・アーサー・ドイル・ハンド・クリーム - Kim Gordon and the Arthur Doyle Hand Cream – 4:51
    5. ストーンズ - Stones – 7:06
    6. デュード・ランチ・ナース - Dude Ranch Nurse – 5:44
    7. ニュー・ハンプシャー - New Hampshire – 5:12
    8. ペーパー・カット・エグジット - Paper Cup Exit – 5:55
    9. アイ・ラヴ・ユー・ゴールデン・ブルー - I Love You Golden Blue – 7:02
    10. ピース・アタック - Peace Attack – 6:10

    日本盤ボーナス・トラック[編集]

    1. キム・コード - Kim Chords – 6:00
    2. ビューティフル・プラトー - Beautiful Plateau – 3:06

    脚注[編集]