聖公会ソウル主教座聖堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ソウル聖公会聖堂から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

座標: 北緯37度34分01秒 東経126度58分34秒 / 北緯37.567度 東経126.976度 / 37.567; 126.976

聖公会ソウル主教座聖堂(外部・祭壇側後方)

大韓聖公会ソウル主教座聖堂朝鮮語: 대한성공회 서울주교좌성당、テハンソンゴンフェソウルジュギョジャソンダン、だいかんせいこうかいそうるしゅきょうざせいどう)または、聖公会ソウル聖母聖ニコラス教会英語: Seoul Anglican Cathedral of Sts. Mary and Nicholas)は、韓国ソウル特別市中区ソウル特別市庁徳寿宮付近、英国大使館の隣りにあるキリスト教会である。ロマネスク風の建物で、大韓聖公会の中心になる教会であり、そのソウル教区の主教座聖堂でもある。 日本では、ソウル聖公会聖堂あるいは、単にソウル聖堂と呼ばれていることが多い。

その沿革は次の通り。

交通アクセス[編集]

参考[編集]

  1. ^ はじめソウル特別市から建設許可が下りなかったが、もともとの設計図が偶然英国の田舎の教会で見つかり、拡張建設が許可になった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]