ゼリービーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼリービーンズ ホテルビュッフェスタイル朝食にて
100 1373.JPG

ゼリービーンズ、ジェリービーンズ (Jelly Beans) は、ソラマメ型をした砂糖菓子の一種である。

概説[編集]

砂糖水飴デンプンあるいは寒天を使ってゼリーを作り、コーンスターチを厚く敷いた箱の中で豆型にして、ある程度乾燥させる。できあがったものを回転鍋に入れ、粉砂糖でコーティングした後、蜜蝋で表面を固め、つやを出す。

愛らしい形ときれいな色が特徴。様々な色と風味がある。果物ハッカ味の他にも、様々な風味の物が開発されている(ただし中の柔らかい部分は、どの風味でも同じ味になっている)。欧米では非常にポピュラーな菓子である。

アメリカ合衆国大統領ロナルド・レーガンはこの菓子が大好きだった事でもよく知られている。1967年のカリフォルニア州知事に就任の際に、禁煙のために食べ始めたのが最初とされているが、1981年の大統領就任の際には、3.5トンのゼリービーンズが就任式典で消費されたという。なおこの際、菓子メーカーが星条旗にちなんだ色を出すため、新たにブルーベリー味のビーンズを製作したとされる。

スラングとしてのゼリービーンズ[編集]

1910年代から1920年代の初期の米国では、女性をひきつけるために服装には気をつかっているものの、他には何の取り得のない若い男性のことを、俗に「ゼリービーン」と呼んだ。類義語としては、それ以前によくつかわれていた「ダンディ」(dandy)「ファップ」(fop)、またこの少し後に使われた「ドラッグストア・カウボーイ」(drugstore cowboy)がある。また、「ゼリービーン」は、いわゆるポン引きを示す言葉としても使われた。

この意味で「ゼリービーン」を使用した作品としては、1940年代のフィル・ハリスの人気曲『ゼリービーン』、スコット・フィッツジェラルドの短編『ゼリービーン』などがある。

関連項目[編集]

  • SoftBank 840SH - Jelly Beansという通称が付けられている。同菓子がモチーフになったカラフルな携帯電話。
  • Android - バージョン4.1と4.2のコードネームとして付けられている。

外部リンク[編集]