セルジョ・ジヴォーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セルジョ・ジヴォーネSergio Givone, 1944年 - )は、イタリアの美学者、哲学者。

トリノ大学にて、ルイジ・パレイゾンのもとで学ぶ。現在はフィレンツェ大学教授(美学)。カルロ・シーニマッシモ・カッチャーリヴィンチェンツォ・ヴィッティエロらとともに哲学誌『パラドッソ』の編集主幹でもあった。

ジヴォーネは、ニーチェマルティン・ハイデッガー、そしてパレイゾンの解釈学的な思考を吸収し、「悲劇の思考」という概念を軸にしつつ、とりわけ「ニヒリズム」の問題を考察している。

著作[編集]

  • 『カントによる哲学史』 La storia della filosofia secondo Kant (1972)
  • 『ヒュブリスとメランコリア』 Hybris e melancholia (1974)
  • 『ウィリアム・ブレイク――芸術と宗教』 William Blake. Arte e religione (1978)
  • 『解釈学とロマン主義』 Ermeneutica e romanticismo (1983)
  • 『ドストエフスキーと哲学』 Dostoevskij e la filosofia (1984)
  • 『美学史』 Storia dell'estetica (1988)
  • 『世界の脱魔術化と悲劇の思考』 Disincanto del mondo e pensiero tragico (1988)
  • 『ロマン主義の問い』 La questione romantica (1992)
  • 『無の歴史』 Storia del nulla (1995)
  • 『究極的なものの寓話』 Favola delle cose ultime (1998)
  • 『エロス/エトス』 Eros/ethos (2000)
  • 『ある異邦の神の名において』 Nel nome di un dio barbaro (2002)
  • 『美学史』 Storia dell'estetica (2003)
  • 『美学事始め』 Prima lezione di estetica (2003)
  • 『ライプニッツの図書館司書』 Il bibliotecario di Leibniz (2005)

関連項目[編集]