セッティミア・カッチーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

セッティミア・カッチーニSettimia Caccini, 1591年10月6日1638年頃もしくはそれ以降)は、イタリアバロック音楽の女性作曲家声楽家。作曲家ジュリオ・カッチーニと声楽家ルチア・ガニョランティの末娘である。姉に高名な作曲家のフランチェスカがおり、兄弟に声楽家のポンペオがいる。幼い頃に母親に先立たれたが、音楽的な水準の高さゆえに早くから音楽教育を受け、歌手として成功を収めることとなり、作曲家としてもそれなりに名を揚げた。

代表作に、《 Già a sperai, non spero hor' più》などがある。

姉フランチェスカと同様に、マドリガーレカンツォネッタなど様々な楽種を手懸けた。歌劇もいくつか作曲したが、いずれも現存していない。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]