セオドア・ビケル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セオドア・ビケル
Theodore Bikel
Theodore Bikel
右端がビケル(1978年)
本名 Theodor Meir Bikel
(テーオドーア・マイアー・ビケル)
生年月日 1924年5月2日(89歳)
出生地 オーストリアの旗 オーストリアウィーン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ系
身長 185 cm
職業 俳優・歌手
ジャンル 舞台・テレビ・映画
活動期間 1949年 -
配偶者 Ofra Ichilov (1942-1943) ※離婚
Rita Weinberg Call (1967-2008) ※離婚
Tamara Brooks (2008-2012) ※死別
公式サイト The Theodore Bikel Web Site

セオドア・ビケルTheodore Bikel1924年5月2日 - )はオーストリアウィーン出身で主にアメリカ合衆国で活躍する俳優歌手

来歴[編集]

オーストリアウィーンにてユダヤ系ドイツ人ユダヤ系)の子として生まれる。1938年に祖国のイスラエルの地に帰還し、パレスチナで育つ。

1946年パレスチナを離れ、ロンドン王立演劇学校で学ぶ[1]。ロンドンとニューヨークで舞台に立ち、トニー賞に2度ノミネートされている。ヨーロッパと中東の多くの言語を話すことが出来、アクセントや方言にも通じている。

1958年の『手錠のまゝの脱獄』でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。

また、『スパイ大作戦』、『チャーリーズ・エンジェル』、『ダイナスティ』、『スタートレック』、『ロー&オーダー』など多くのテレビシリーズにゲスト出演している。

2005年にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに演劇部門で星を授与されている[2]

主な出演作品[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]