ズラブ・ノガイデリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージア (国)の旗 ジョージアの政治家
ズラブ・ノガイデリ
ზურაბ ნოღაიდელი
Zurab Noghaideli
Z-Noghaideli.jpg
ズラブ・ノガイデリ
生年月日 (1964-10-22) 1964年10月22日(52歳)
出生地 アジャリア自治共和国コブレティ
出身校 モスクワ大学
現職 地理学者、グルジア国会議員、財務大臣、首相
所属政党 緑の党、無所属

在任期間 2005年2月17日 - 2007年11月22日
大統領 ミヘイル・サアカシュヴィリ
テンプレートを表示

ズラブ・ノガイデリზურაბ ნოღაიდელი、Zurab Noghaideli、1964年10月22日 - )は、グルジア政治家2005年2月17日から2007年11月22日まで首相

アジャリア自治共和国の町コブレティに生まれる。1982年バトゥミの学校を卒業。1988年モスクワ大学を卒業(物理学を専攻)。1988年から1992年まで、グルジア科学アカデミーの地理学研究所に勤務。その間、1989年から1990年まで、エストニア科学アカデミーの生物学研究所にて研修を受ける。

1992年に国会議員となる。1992年から1995年まで、国会内の環境保護・天然資源委員会の委員長。1995年から1996年まで内閣国際秘書官。1996年、アチャラ自治共和国最高会議議員。1999年から2000年まで、国会内の支出・歳入委員会の委員長。

2000年5月にエドゥアルド・シェワルナゼ大統領より財務大臣に任命されたが、2002年に解任。

2003年の「バラ革命」でシェワルナゼが失脚した後、ニノ・ブルジャナゼ大統領代行の経済顧問として政界に復帰。2004年2月、ズラブ・ジワニア首相により再び財務大臣に指名された。

ズラブ・ジワニア首相の死去に伴い、2005年2月8日ミヘイル・サアカシュヴィリ大統領によって首相に指名される。2005年2月17日にグルジア国会により承認され(賛成175、反対24)、首相に就任。

はじめ「緑の党」に所属していたが、2001年から無所属。

ニノ・ツィンツァバゼ夫人とのあいだに息子が一人。グルジア語ロシア語英語を話す。

先代:
ズラブ・ジワニア
グルジアの首相
2005年 - 2007年
次代:
ラド・グルゲニゼ