ズゴニーコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ズゴニーコ
Sgonico
ズゴニーコの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の旗 フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア
Italy.Province.Trieste.COA.png トリエステ
CAP(郵便番号) 34010
市外局番 040
ISTATコード 032005
識別コード I715
分離集落
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 2,080 [1](2012-01-01)
人口密度 66.4 人/km2
文化
住民の呼称 sgonichesi
守護聖人 聖ミカエル
(San Michele)
祝祭日 9月29日
地理
座標 北緯45度44分0秒 東経13度45分0秒 / 北緯45.73333度 東経13.75000度 / 45.73333; 13.75000座標: 北緯45度44分0秒 東経13度45分0秒 / 北緯45.73333度 東経13.75000度 / 45.73333; 13.75000
標高 278 (156 - 514) [2] m
面積 31.31 [3] km2
ズゴニーコの位置(イタリア内)
ズゴニーコ
ズゴニーコの位置
トリエステ県におけるコムーネの領域
トリエステ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

ズゴニーコイタリア語: Sgonico ; スロベニア語: Zgonik)は、イタリア共和国フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州トリエステ県にある、人口約2100人の基礎自治体コムーネ)。

名称[編集]

標準イタリア語およびスロベニア語以外では以下の名称を持つ。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

トリエステ県北部に所在するコムーネで、スロベニアとの国境がコムーネの東を走っている。ズゴニーコの街は、トリエステの北北西約10km、セジャーナの西北西約10km、モンファルコーネの東南約19kmの位置にある。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネ、およびそれに相当する行政区画は以下の通り。SLOはスロベニア領を意味する。

地勢[編集]

カルソ台地上の町である。最高地点はラナーロ山(Monte Lanaro / Volnik) (544 m)で、その周辺は自然保護区 (it:Riserva naturale del Monte Lanaroになっている。

カルスト地形が広がっており、鍾乳洞も多い。観光目的で入ることのできる世界一大きな洞窟とされるグロッタ・ジガンテ (it:Grotta Giganteも、このコムーネにある。

歴史[編集]

1275年に記された文書で、Suonich として現れるのが、この村への最初の言及とされる。1309年には Zgonik の名が現れる。この地名は、「鐘楼」を意味する Zvonìk が語源と考えられている。1494年の時点でズゴニーコはドゥイーノの領主の所領であり、Župa という行政区分(コムーネ)の中心集落であった。

1811年の時点で、ズゴニーコは現在より大きなコムーネの中心であり、現在のドゥイーノ=アウリジーナモンルピーノの一部もその領域に含んでいた。

第一次世界大戦後にイタリア領となり、1923年トリエステ県に編入された。

文化・観光[編集]

観光地[編集]

社会[編集]

民族[編集]

1971年の調査によれば、人口の81.6%はスロベニア系であった。これはトリエステ県の6つのコムーネで最も高い割合であった[4]

人口[編集]

人口推移[編集]

人口推移
人口 ±%
1921 1,522 —    
1931 1,387 −8.9%
1936 1,392 +0.4%
1951 1,316 −5.5%
1961 1,318 +0.2%
1971 1,394 +5.8%
1981 2,085 +49.6%
1991 2,207 +5.9%
2001 2,185 −1.0%
2011 2,077 −4.9%

交通[編集]

道路[編集]

高速道路
国道

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年3月22日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Trieste (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年2月26日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Trieste (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年2月26日閲覧。
  4. ^ IL COMUNE DI DUINO AURISINA” (イタリア語). Liceo Ginnasio Francesco Petrarca. 2013年3月7日閲覧。原出典:Da P. Stranj , La comunità sommersa, Editoriale Stampa Triestina, TS 1992.

外部リンク[編集]