スペインの同性婚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヨーロッパの同性婚の状況
  承認同性婚姻
  承認其他形式的同性結合
  承認普通法婚姻
  法案考慮中
  不承認或現狀未知
  禁止同性婚姻

スペインにおける同性婚は、2005年7月3日に合法化された。

2004年に政権を獲得したスペイン社会労働党(PSOE)はホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相が主導し、同性カップルによる養子縁組の権利を含んだ、同性婚の合法化に向けた運動を開始した[1] 。議論の後、同性同士の結婚を許している法律は2005年6月30日に可決されて、2005年7月2日に公布された。 法律は翌日に発効した[2]。そして、スペインオランダベルギーについで3番目の同性婚を認める国となった。

国民の66%の支持があったが、この法律の批准には対立があった[3]。特にローマ・カトリック教会の権威者は断固として反対をし、結婚の意味を弱めるものであると批判した[4]。他の団体はゲイレズビアンによる養子縁組の可能性について懸念を表明した[5]。スペインの各地から数千人が集まり、この法律に抗議をするデモを行った。法律が承認された後も、保守の国民党(PP)は法廷でその法律に疑問を呈した[6]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Spain's new government to legalize gay marriage”. SignonSanDiego.com (2004年4月15日). 2009年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年12月14日閲覧。
  2. ^ “Spain approves liberal gay marriage law”. St. Petersburg Times. (2005年7月1日). http://www.sptimes.com/2005/07/01/Worldandnation/Spain_approves_libera.shtml 2007年1月8日閲覧。 
  3. ^ Giles, Ciaran (2005年4月21日). “Spain: Gay marriage bill clears hurdle”. Planetout.com. 2007年12月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年12月22日閲覧。
  4. ^ Spanish bishops decry legislation weakening marriage”. Catholic World News (2005年7月20日). 2007年1月11日閲覧。
  5. ^ (スペイン語) Manifiesto del Foro de la Familia”. 20 Minutos.es (2005年6月18日). 2007年1月12日閲覧。
  6. ^ Thornberry, Malcolm (2005年10月28日). “Spain's Highest Court Agrees To Hear Gay Marriage Challenge”. 365gay.com. 2005年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月25日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]