スノーフレーク (ヒガンバナ科)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スノーフレーク新エングラー体系
Leucojum aestivum5.jpg
スノーフレーク
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Angiospermae
: 単子葉植物綱 Monocotyledoneae
: ユリ目 Liliales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
: スノーフレーク属 Leucojum
: スノーフレーク L. aestivum
学名
Leucojum aestivum L.
和名
スズランスイセン(鈴蘭水仙)
英名
summer snowflake

スノーフレーク(学名:Leucojum aestivum)とは、ヒガンバナ科.の植物の1つ。和名はオオマツユキソウ(大待雪草)、別名はスズランスイセン(鈴蘭水仙)1月23日2月17日3月19日4月16日の誕生花でもある。

特徴[編集]

ヨーロッパ中南部原産。多年草。花期は春で白いスズランのような花が咲く。花弁の先端には緑の斑点がある。秋植の球根草である。

分類上の位置は変遷があり、クロンキスト体系ではユリ科新エングラー体系ではヒガンバナ科とされていた。

似た名前で同時期に咲くものにスノードロップマツユキソウ) (Galanthus nivalis) という球根草もある。