スノードロップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スノードロップ
Galanthus nivalis.jpg
Galanthus nivalis
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: キジカクシ目 Asparagales
: ヒガンバナ科 Amaryllidaceae
: ガランサス属 Galanthus
学名
Galanthus L.
英名
Galanthus

スノードロップ (snowdrop) は、ヒガンバナ科ガランサス属Galanthusスノードロップ属マツユキソウ属)の総称。学名からガランサスとも呼ばれる。

マツユキソウ待雪草)ということもあるが、マツユキソウはガランサス属の1種 Galanthus nivalis (common snowdrop) の和名でもある。

北米では希に、キンポウゲ科アネモネ属Anemone quinquefolia をsnowdropと呼ぶことがある。また、エゴノキ科ハレーシア属 Halesia をsnowdrop treeと総称することがある。

スノーフレークは名前が似ているが別属である。

語源[編集]

学名である「Galanthus」は、ギリシャ語の γάλα (gála、ミルク)と άνθος (ánthos、花)に由来する。「スノードロップ」の呼称は16世紀から17世紀にかけて人気のあった涙滴型の真珠のイヤリングであるドイツのSchneetropfen(Snow-drop)に由来する。

特徴[編集]

ヨーロッパや西アジアの19種のスノードロップ(スノードロップ)の分布図。自然な範囲の表現の試み 出典:ウィキペディアページ EN、DE、RU、FR

球根で育つ。種子から育てることもできるが、が咲く大きさの球根に育つまで数年かかる。

の終わりから先にかけ花を咲かせ、春を告げる花として知られる。

花は白で、3枚ずつの長い外花被と短い内花被を持つ六弁花。いくつかの種では内花被に緑色の斑点がある。

夜になると花を閉じ、昼間吸収した温かい空気を保管する[1]

栽培[編集]

耐寒性は強いが、土壌を選ぶ[1]

分類[編集]

約20種が属する。

よく知られた種は Galanthus nivalis (common snowdrop)。

文化[編集]

日本では1月22日などの誕生花である[2]花言葉は「慰め[3][4][5]、希望[6][5]、恋の最初のまなざし[2]」。

スノードロップは聖燭節との関係が深く、修道院の庭でよく育てられていたため、修道院の跡地などに自生していることが多い[1]。聖燭節の日にスノードロップをボウルに集積して家に持ち帰ると家が清められるという言い伝えが、イギリスのヘリフォード・ビーコン近隣で伝わっている[1]イギリスも自生地とされるが、修道僧がイタリアから持ち帰ったものが定着したとも考えられている[1]

ドイツには、が自らに色が無いため色を分けてくれるように花に頼んだが拒まれ、唯一それに応じたのがスノードロップだった、という言い伝えがある。

ロシアの詩人マルシャークの『森は生きている』は、少女が大晦日に継母からこの花を探して摘んで来るように、という無理難題を言い付けられたのが話の始まりである。

スコットランドでは年が明ける前に見つけると翌年には幸運が、結婚を望む女性が2月14日以前に摘むと不幸が訪れるとされている[5]

キリスト教の伝説によると、エデンを追われたイヴが地上で初めて迎えた冬の日、野原の草花が無くなった一面の雪原に嘆いていた所に現れた天使が、イヴを慰めるために降っていた雪をスノードロップに変えたという。このことから、希望と慰めの意味を持つとしており、花言葉の由来となっている[5][1][7]

異なる伝説のとして『恋人が死んでいるのを見つけたケルマは、スノードロップを摘んで彼の傷の上に置いた。それは彼を目覚めさせることはなかったが、彼の肉体は雪の雫(スノードロップ)になったことから、花は死の象徴でもある。』[注 1]とあり、を連想させることがある[7]。この言い伝えのあるイギリスの農村部では不評で、初冬にスノードロップの花束を家に持ち込むと不幸が起こると言われており、また、この伝説から『あなた(花を受け取った人)の死んでいるところを見たい』ということを暗に意味するため[注 2]、異性への贈り物として選ぶことは実に気の利かないことだとしている[注 3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 編集者による訳。原文 "Kerma, finding her lover dead, plucked a snowdrop and placed it on his wounds. It did not rouse him, but at the touch his flesh changed to snowdrops, hence the flower is also an emblem of death."[7]
  2. ^ 花言葉ではない。
  3. ^ 編集者による訳から。原文 "Even now in rural England the flower is in ill repute, and it is unlucky to carry the first spray of the season into the house, while it is downright indelicate for a person to give it to one of another sex, since it implies a wish to see the recipient dead."[7]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f アリス・M・コーツ 『花の西洋史事典』 八坂書房2008年ISBN 978-4896949056
  2. ^ a b 徳島康之(監修) 『新装版 誕生花と幸せの花言葉366日』 主婦の友社2016年8月10日、16頁。ISBN 978-4-07-417823-0
  3. ^ Louis Aimé Martin (1820). Le langage des fleurs. pp. 249-250. 
  4. ^ The Language of Flowers. Carey, Lea & Blanchard. (1835). p. 177. 
  5. ^ a b c d 国吉純(監修) 『想いを贈る 花言葉 小さな花物語』 ナツメ社2010年12月15日、208頁。ISBN 978-4-8163-5002-3
  6. ^ Henrietta Dumont (1852). The Language of Flowers: The Floral Offering: a Token of Affection and Esteem; Comprising the Language and Poetry of Flowers .... H. C. Peck & T. Bliss. pp. 15-19. 
  7. ^ a b c d The Snow Drop Legend”. Reading Eagle - Jan 8, 1925. Reading Eagle (1925年1月8日). 2014年8月27日閲覧。
    Charles M. Skinner (2013). “SNOWDROP”. Myths and Legends of Flowers, Trees, Fruits and Plants. Foster Press. ISBN 9781447497790.