ストライド走法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ストライド走法(ストライドそうほう)とは、身長や速度と比較してストライド(歩幅)が大きい走法のこと[1]

日本では、身体的負担が大きく長身で脚の長い選手でなければ大きな効果が期待できない、等と言われることもあるが、小柄な体格で優れた記録を出しているアフリカ諸国の強豪選手にもストライド走法で走っている選手は多く、一概には言えない。

なお、競馬の世界においても、競走馬の走り方に対して用いられる。

ストライド走法を用いる選手[編集]

ストライド走法の競走馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小野勝次『陸上競技の技術』講談社、1973年、82頁。ISBN 4-06-123640-7

関連項目[編集]