ステーヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ステーヌ
sthène
記号 sn
MTS単位系
種類 組立単位
SI 1000 N
組立 t·m/s2
定義 1 t の質量に 1 m/s2 の加速度を与える力
語源 ギリシャ語 σθένος (sthénos) (力)
テンプレートを表示

ステーヌsthène, 記号:sn)は、MTS単位系(メートル・トン・秒単位系)での単位である。別名フューナル (funal)。フランスで構築された単位で、ソビエト連邦1933年から1955年まで使われていた。

1ステーヌは、1トン(t)の質量に1メートル毎秒毎秒(m/s2)の加速度を与える力と定義される。国際単位系の単位では1000ニュートン(N)となる。

1 sn
= 1 t·m/s2
= 1000 kg·m/s2 = 1000 N = 1 kN


力学の単位の3つのアプローチ[1][2]
基本単位 力・長さ・時間 重さ・長さ・時間 質量・長さ・時間
(F) F = ma = wa/g F = ma/gc = wa/g F = ma = wa/g
重さ (w) w = mg w = mg/gcm w = mg
単位系 BG GM EE M AE CGS MTS SI
加速度 (a) ft/s2 m/s2 ft/s2 m/s2 ft/s2 Gal m/s2 m/s2
質量 (m) slug slug lbm kg lb g t kg
力 (F) lb kgf lbF kgf pdl dyn sn N
圧力 (p) lb/in2 at PSI atm pdl/ft2 Ba pz Pa
  1. ^ Michael R. Lindeburg (2011). Civil Engineering Reference Manual for the Pe Exam. Professional Publications. ISBN 1591263417. 
  2. ^ Wurbs, Ralph A, Fort Hood Review Sessions for Professional Engineering Exam, http://engineeringregistration.tamu.edu/tapedreviews/Fluids-PE/PDF/Fluids-PE.pdf 2011年10月26日閲覧。