スティーブン・ミード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スティーブン・ミード
Nuotauka.jpg
基本情報
生誕 (1962-02-26) 1962年2月26日(56歳)
出身地 イギリスの旗 イギリスボーンマス
職業 ユーフォニアム奏者、編曲家
公式サイト www.euphonium.net

スティーブン・ミード(Steven Mead、1962年2月26日 -)はユーフォニアムの知名度の向上に大きく寄与したユーフォニアムのソリスト、指導者。[1][2][3]  シュトゥットガルトフィルハーモニー管弦楽団、 トロンヘイム交響楽団は、 ラハティ交響楽団ヘルシンキ・フィルハーモニー管弦楽団ミネアポリス-ポップスオーケストラ、日本の吹奏楽団・オーケストラなどの演奏団体と協奏曲で共演。 マーティン・エレビーフィリップ・スパークらの初演作品を演奏。

妻は同じ音楽家のミサ・ミード[4]

参考文献[編集]

  1. ^ Roy Newsome, The Modern Brass Band: From the 1930s to the New Millennium, Ashgate Publishing, Ltd., 2006, p. 252. 0-7546-0717-8.
  2. ^ Peter Spaull, "Blowing in the wind my friends", Liverpool Daily Post, March 28, 2003. Accessed 10 September 2008.
  3. ^ Martin Stote, "Euphonium euphoria as BBC makes ban U-turn", Birmingham Post, March 25, 1999. Accessed via subscription 10 September 2008.
  4. ^ http://yaplog.jp/euphoniumisa/archive/2308

外部リンク[編集]