スティル・ライフ (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スティル・ライフStill Life)はイギリスプログレッシヴ・ロック・バンド。長い間メンバーが謎であったが、2002年ドラマーにより、インターネット上でメンバー、ヴォーカル+キーボード・トリオ編成である事が判明した。

来歴[編集]

  • 1965年
マーティン・キュアー、グラハム・エイモス、ロイ・アルブライトン、ポール・ウィルキンソンでザ・ピープスを結成。
  • 1967年
バンド名をマーティン・キュアー・アンド・ザ・ピープスに改名。
  • 1968年
テリー・ハウエルズ加入。アルブライトンが脱退、ネクターを結成。ゴードン・リード加入。バンド名をザ・レインボーズに改名。
  • 1969年
ギグを行っていたハンブルクでウィルキンソンが脱退、フライング・マシーンに加入。
イギリス帰国後にリードが脱退。
  • 1970年
キュアー、ハウエルズ、エイモスはアラン・サヴェージを加えバンド名をスティル・ライフに改名。1st「Still Life」を録音した。
  • 1971年
解散。キュアーはキューピッツ・インスピレーションに加入。

メンバーと担当楽器[編集]

ザ・ピープス(The Peeps) 1965年~1966年[編集]

  • マーティン・キュアー(Martin Cure) - vocal
  • グラハム・エイモス(Graham Amos) - bass guitar
  • ロイ・アルブライトン(Roy Albrighton) - guitar
  • ポール・ウィルキンソン(Paul Wilkinson) - drums

マーティン・キュアー・アンド・ザ・ピープス(Martin Cure And The Peeps)1967年[編集]

  • マーティン・キュアー(Martin Cure) - vocal
  • グラハム・エイモス(Graham Amos) - bass guitar
  • ロイ・アルブライトン(Roy Albrighton) - guitar
  • ポール・ウィルキンソン(Paul Wilkinson) - drums

ザ・レインボーズ(The Rainbows) 第1期 1968年~1969年[編集]

  • マーティン・キュアー(Martin Cure) - vocal
  • グラハム・エイモス(Graham Amos) - bass guitar
  • ロイ・アルブライトン(Roy Albrighton) - guitar
  • テリー・ハウエルズ(Terry Howells) - organ
  • ゴードン・リード(Gordon Reed) - drums

ザ・レインボーズ(The Rainbows) 第2期 1969年[編集]

  • マーティン・キュアー(Martin Cure) - vocal
  • グラハム・エイモス(Graham Amos) - bass guitar
  • テリー・ハウエルズ(Terry Howells) - organ
  • ゴードン・リード(Gordon Reed) - drums


Still Lifeの曲を数曲演奏していた。

スティル・ライフ(Still Life) 1970年~1971年[編集]

  • マーティン・キュアー(Martin Cure) - vocal
  • テリー・ハウエルズ(Terry Howells) - organ/piano/electric piano
  • グラハム・エイモス(Graham Amos) - bass guitar
  • アラン・サヴェージ(Alan Savage) - drums


1st「Still Life」録音。
マーティン・キュアーは1曲目、4曲目のacoustic guitar/fluteを演奏していると思われるが詳細は不明。 また、マーティンの他にメインヴォーカルを取っているメンバーがいるとも思われるが、こちらも詳細は不明である。

ディスコグラフィー[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • Still Life (1971年)
    • 内容もさることながら、『花と髑髏』のジャケットの美しさも、このアルバムのカルト的人気を支える重要な要因となっている。

オムニバス[編集]

  • Superheavy Vol. 1 (1971年 “Don't Go”、“Love song no.6”で参加)
ペルーで発表されたヴァーティゴ・レーベルのオムニバス・アルバム。ここにはスティル・ライフのメンバー、楽器編成が記載されていた。

その他[編集]

  • The Peeps / 「Now Is The Time / Got Plenty Of Love」 (1965年)
  • The Peeps / 「What Can I Say? / Don't Talk About Love」 (1965年)
  • The Peeps / 「Gotta Get A Move On / I Told You Before」 (1966年)
  • The Peeps / 「Tra La La / Loser Wins」 (1966年)
  • Martin Cure And The Peeps / 「I Can Make The Rain Fall Up / It's All Over Now」 (1967年)
  • The Rainbows / 「Rainbows / Nobody But You」 (1969年 The Rainbows 第1期)
  • The Rainbows / 「New Day Dawning / Days And Nights」 (1969年 The Rainbows 第1期)

関連項目[編集]

  • マーティン・キュアー・アンド・ザ・ピープス(前身バンド。マーティン・キュアー、グラハム・エイモス 在籍)
  • キューピッツ・インスピレーション(マーティン・キュアー 在籍)

外部リンク[編集]