スカイタワー41

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スカイタワー41
Sky Tower 41
Sky Tower-41 Yamagata Japan.jpg
施設情報
所在地 山形県上山市宮脇字下川原658[1]
座標 北緯38度8分17.6秒
東経140度16分53.9秒
座標: 北緯38度8分17.6秒 東経140度16分53.9秒
状態 完成
竣工 1999年平成11年)7月
用途 共同住宅
地上高
最頂部 133.95m
屋上 127.05m
各種諸元
階数 地上41階
関連企業
デベロッパー 山万アーバンフロント

スカイタワー41(スカイタワーよんじゅういち)は、山形県上山市に建つ超高層マンションである。1999年平成11年)に竣工し、マンション建築としては東北地方で最高層となっている。

概要[編集]

地上41階・総戸数389戸の分譲マンションで、上山市を流れる須川右岸の新興住宅地「金生」地区の一角にある。最高部の高さが地上134mと山形県内で最高層の建築物である上に、所在地は中心市街地から離れた国道13号上山バイパス付近、山地を背景として周囲は田園となっているために、遠方各所からもその全容を望むことができる。

このマンションの開発・販売は、ユーカリが丘ニュータウン(千葉県佐倉市)の開発で知られる不動産デベロッパー、山万(東京都中央区)の関連会社、山万アーバンフロントによって行われた[2]。山万アーバンフロントは第一勧業銀行(当時)の役員が歴代社長を務め、「第一勧銀の不動産別動部隊」とも呼ばれた会社で、仙台市郊外の錦ケ丘ニュータウンなど大規模開発を行なっていたものの[2]、「アーバンフロント」「エヌ・エス・アール」と商号変更を繰り返した後、2014年1月31日に破産している[3]

所在地一帯が市街化調整区域として建築・開発が抑制されているにも関わらず、マンション敷地だけが不自然な線引きで規制を免れており[要出典]、これにはかつての山形県知事の関係者が土地を所有していたこととの関連も指摘される[2]

各住戸は面積70-110平米のファミリー向け仕様で、分譲時の販売価格は2,000-4,000万円だった[2]。しかしながらこの値段で売られた住戸は全体の1割もないとされ、数年後には1,000万円~半額程度で売り捌かれるようになった[2]。安価になった物件は自動車で約20分程度の山形市への通勤や、セカンドハウス、賃貸投資用などとして購入され、2005年平成17年)には完売となった[2]

マンションの隣接地には山形県立上山高等養護学校、須川の対岸には上山市立南中学校がある。

アクセス[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大気汚染防止法に基づくばい煙発生施設一覧名簿 平成27年4月1日現在 (PDF) (山形県環境エネルギー部水大気環境課 2015年4月)
  2. ^ a b c d e f 山形の温泉街に屹立するのはバブルの墓標か? 田んぼを見下ろす超高層 『週刊ダイヤモンド』 2008年8月2日号 p.13
  3. ^ “エヌ・エス・アール(株)”. 東京商工リサーチ. (2014年2月5日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20140205_01.html 2015年2月15日閲覧。 

関連項目[編集]