ジョー・カザーダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョー・カザーダ
Joe Quesada
12.21.10JoeQuesadaByLuigiNovi.jpg
2010年12月21日
本名 Joseph Quesada
生誕 1962年1月12日(52歳)
ニューヨー州ニューヨーク
テンプレートを表示

ジョセフ・"ジョー"・カザーダJoseph "Joe" Quesada, 1962年1月12日[1] - )はアメリカ合衆国漫画家(エディター、ライター、アーティスト)である。

生い立ち[編集]

ニューヨークキューバ系の両親のもとに生まれ、クイーンズ区のジャクソンハイツ周辺で育った[2]。初めて夢中になったコミックは『アメイジング・スパイダーマン』の第98号である[3][4]

大学では視覚芸術学部でイラストレーションを学び[3]、1984年にBFAを取得して卒業した[5]。当時彼はコミックは子供のものだと考えており離れていたが、25歳のときにフランク・ミラーの『ダークナイト・リターンズ』を知って関心を取り戻した[3]。。

キャリア[編集]

ライターとアーティスト[編集]

1990年代初頭にヴァライアント・コミックス英語版フリーランスのアーティストとして働き始めた[3]。ヴァライアント・コミックスでは『Ninjak』、『Solar, Man of the Atom』などの作画を手がけた。彼の絵はアレックス・トス英語版マイク・ミングノラ英語版アルフォンス・ミュシャの影響を受けている[6]DCコミックでは、ライターのジャック・C・ハリス英語版と共同で、ゴールデン・エイジのキャラクターであるレイのアップデート版を手がけた[7]。1992年にはライターのデニス・オニール英語版と共同でミニシリーズ『Batman: Sword of Azrael』でアズラエル英語版を創造した[8]

その後カザーダはインカー仲間のジミー・パルミオッティと共に出版社イベント・コミックス英語版を設立し[3]消防士アッシュ英語版を生み出した[9][10]

マーベル・コミック[編集]

1998年、第11章を申請したマーベル・コミックはカザーダをマーベル・ナイツ英語版に引き入れた。マーベル・ナイツのエディターのとしてカザーダは『デアデビル』、『パニッシャー』、『インヒューマンズ』、『ブラックパンサー』などを取り扱った[3]

マーベル・ナイツの2年半後の2000年、カザーダはボブ・ハラス英語版に代わってマーベル・コミック主筆となった[3]。アーティストがマーベルの主筆となるのはカザーダが初めてである[11]

2010年6月2日、マーベルはマーベル・エターテインメントのチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)にカサーダを迎える予定であることを発表した[12]。2011年11月4日、カザーダは主筆を辞任した。後任はアレックス・アロンソ英語版となった[13][14]

私生活[編集]

既婚者であり、娘をもうけている[15]

ニューヨーク・メッツのファンである[15]

ビブリオグラフィ[編集]

DCコミック[編集]

  • Azrael/Ash (1997)
  • Batman: Sword of Azrael #1-4 (1992–93) ミニシリーズ
  • Question Quarterly #3, 5 (1991–92)
  • The Ray #1-6 (1992) ミニシリーズ
  • Spelljammer #8-13, 15 (1991)

マーベル・コミック[編集]

その他の出版社[編集]

  • Ash #1, 1/2 (also writer) (Event, 1994–97)
  • Ash: The Fire Within, miniseries, #2 (also writer) (Event, 1997)
  • Deathmate: Epilogue (Image, 1994)
  • Ninjak #1-3 (Acclaim, 1994)
  • Painkiller Jane #1 (writer) (Dynamite, 2006)
  • Painkiller Jane Zero #0 (writer) (Event, 1999)
  • X-O Manowar #0 (Acclaim, 1993)

参考文献[編集]

  1. ^ Comics Buyer's Guide #1650; February 2009; Page 107
  2. ^ Jennings, Dana. "New York Action Hero". The New York Times. November 23, 2003. Accessed may 28, 2009. "Mr. Quesada also falls squarely in comics' up-by-your-bootstraps, Ellis Island lineage. He grew up in Jackson Heights, Queens (Spider-Man's home borough), the comics-seduced child of Cuban immigrants."
  3. ^ a b c d e f g Glaser, Brian. "Q+A: Joe Quesada". Visual Arts Journal. School of Visual Arts. Fall 2011. pages 50-55.
  4. ^ Cronin, Brian. "Comic Book Legends Revealed #226". Comic Book Resources. September 24, 2009
  5. ^ "In the Press: Joe Quesada in The New York Times". School of Visual Arts. October 12, 2011
  6. ^ Weiland, Jonah. "Father and Child Reunion: Joe Quesada's 'Daredevil: Father'". Comic Book Resources. February 2, 2004
  7. ^ Manning, Matthew K.; Dolan, Hannah, ed. (2010). “1990s”. DC Comics Year By Year A Visual Chronicle. Dorling Kindersley. p. 252. ISBN 978-0-7566-6742-9. "Longtime DC writer/editor Jack C. Harris reworked the Golden Age character of the Ray into a new hero, assisted by future superstar artist Joe Quesada." 
  8. ^ Manning "1990s" in Dolan, p. 255: "Azrael, one of the most important characters of the modern Batman mythos, was dropped right under the noses of an unsuspecting reading populace in the debut issue of Batman: Sword of Azrael by esteemed bat-scribe Denny O'Neil, talented young penciler Joe Quesada, and inker extraordinaire Kevin Nowlan."
  9. ^ Brady, Matt. "Josh Brolin in Line for Jonah Hex". Newsarama. October 10, 2008
  10. ^ Ash Omnibus. Barnes & Noble. Retrieved October 30, 2011.
  11. ^ David, Peter. "But I Digress..." Comics Buyer's Guide #1401; September 22, 2000. Page 58
  12. ^ "Marvel's JOE QUESADA Promoted to Chief Creative Officer". Newsarama. June 2, 2010
  13. ^ Moore, Matt. "Marvel Promotes Axel Alonso to Editor-in-Chief". ABC News. January 4, 2011
  14. ^ Phegley, Kiel. "Alonso Named Marvel Editor-In-Chief". Comic Book Resources. January 4, 2011
  15. ^ a b Mala, Elisa. "Espresso and the Incredible Hulk". The New York Times. September 30, 2011

外部リンク[編集]

先代:
ボブ・ハラス英語版
マーベル・コミックの主筆
2000年 - 2010年
次代:
アレックス・アロンソ英語版
先代:
Kurt Busiek & Roger Stern
アイアンマン』のライター
2000年
(2000年末はFrank Tieriと共同)
次代:
Frank Tieri
先代:
Ron Garney
アメイジング・スパイダーマン』のアーティスト
2007年
次代:
Steve McNiven