ジョーンの秘密

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョーンの秘密
Red Joan
監督 トレヴァー・ナン英語版
脚本 リンジー・シャピロ
原作 ジェニー・ルーニー
Red Joan
製作 デイヴィッド・パーフィット英語版
製作総指揮 ティム・ハスラム
ヒューゴ・グランバー
ジギー・カマサ
ジェームズ・アザートン
ジャン・ペイス
ケリー・E・アシュトン
カール・シドー
出演者 ジュディ・デンチ
ソフィー・クックソン
音楽 ジョージ・フェントン
撮影 ザック・ニコルソン
編集 クリスティーナ・ヘザーリントン
製作会社 Trademark Films
Quickfire
エムバンクメント・フィルムズ英語版
トゥイッケナム・スタジオ英語版
Cambridge Picture Company
配給 イギリスの旗 ライオンズゲート
日本の旗 キノフィルムズ
公開 イギリスの旗 2019年4月19日[1][2]
日本の旗 2020年8月7日[3]
上映時間 101分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 イギリスの旗 $3,430,191[4]
世界の旗 $10,647,493[4]
テンプレートを表示

ジョーンの秘密』(ジョーンのひみつ、Red Joan)は、2018年イギリススパイドラマ映画。監督はトレヴァー・ナン英語版。イギリス史上最も意外なスパイとされたメリタ・ノーウッドの実話から着想を得たジェニー・ルーニーによる2014年の小説『Red Joan』を映画化した作品で、主人公のジョーン・スタンリーをジュディ・デンチ(若い時代はソフィー・クックソン)が演じている[3][5][6][7]

ストーリー[編集]

時は2000年。イギリスで、半世紀前に旧・ソ連国家保安委員会(KGB)に核開発の機密を流していたスパイがMI5に逮捕された。だがその人物は、ジョーン・スタンリーという、どこにでもいるような80代の老女だった。

ジョーンの息子で弁護士のニックは、無罪を主張する母親を信じて彼女の弁護を担当することになる。しかし、そんな彼の思いとは裏腹に、ジョーンの驚くべき過去が次々と明らかになっていく。

キャスト[編集]

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、批評家の一致した見解は「魅力的な実話を当惑するほど退屈な形でドラマ化した『ジョーンの秘密』は、その物語の驚くべきストーリーを、そしてジュディ・デンチの圧倒的な才能を無駄にしている。」であり、151件の評論のうち高評価は30%にあたる45件で、平均点は10点満点中5点となっている[8]Metacriticによれば、22件の評論のうち、高評価は7件、賛否混在は13件、低評価は2件で、平均点は100点満点中45点となっている[9]

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]