ジョージ・ルイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョージ・ルイス
George Lewis clarinet fingers Kubrick 1950.JPG
Photograph by Stanley Kubrick, published in "Look" magazine, 6 June 1950.
基本情報
生誕 (1900-07-13) 1900年7月13日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州
死没 (1968-12-31) 1968年12月31日(68歳没)
ジャンル ニューオーリンズ・ジャズ
担当楽器 クラリネット

ジョージ・ルイスGeorge Lewis, 1900年7月13日 - 1968年12月31日)ニューオーリンズ生まれの著名なアルバート式クラリネット奏者。日本にも演奏旅行で数度来日している。1963年、1964年、1965年と3度の来日で、アルバム『George Lewis & New Orleans all-stars in Tokyo 1963』が残されている。卓越したリズム感とその哀愁をおびた音色は多くのファンの心を捉えた。後のニューオーリンズジャズクラリネット奏者の多くは彼の奏法に影響を受けている。

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、78-79頁。ISBN 4-915557-12-X

関連項目[編集]