コンテンツにスキップ

ジョニー・マークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジョニー・マークス(Johnny Marks、1909年11月10日1985年9月3日)は、アメリカ合衆国ソングライターユダヤ系であったが[1][2]クリスマスソングを書き、「赤鼻のトナカイ」(ジーン・オートリーなどでヒットした)、「Rockin' Around the Christmas Tree」(ブレンダ・リーでヒット)、「A Holly Jolly Christmas」(クイント・シスターズ (the Quinto Sisters) が吹き込み、後にはバール・アイヴスも録音した)、「Silver and Gold」(バール・アイヴスが録音)など、クリスマス休暇の時期にふさわしいスタンダード曲を数多く残した。

私生活[編集]

マークスは、ニューヨーク州マウントバーノンに生まれた[3]ニューヨークマクバーニー校英語版からコルゲート大学コロンビア大学を卒業し、後にはパリに留学した。第二次世界大戦中は、第26特殊任務中隊(the 26th Special Service Company)大尉として従軍し、ブロンズスターメダルと4つの従軍星章英語版を受章した。マークスには、マイケル(Michael)、ローラ(Laura)、デイヴィッド(David)と、3人の子どもたちがいた。また、マークスは. 経済学者スティーヴン・レヴィットのおおおじにあたる[4]

マークスは、実業界の大物でマンハッタン区長を務めたマーカス・M・マークス英語版1858年 - 1937年)の甥であった。マークスの父、ルイス・B・マークス(Louis B. Marks)は、主導的な電灯技術者であった。マークスの妻、マーガレット・メイ・マークス(Margaret May Marks)は、ロバート・L・メイの女きょうだいであった[3]

経歴[編集]

多数にのぼるマークスの作品の中には、「赤鼻のトナカイ」があるが、これは義兄にあたる、「ルドルフ」の創作者ロバート・L・メイが書いた童話『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』に基づいたものである。1964年に最初に放送された、この童話と歌を題材にしたテレビアニメ『ルドルフ 赤鼻のトナカイ』では、マークス自身が音楽を担当した。

ソングライターとしての仕事に加え、マークスは1949年に創業した St. Nicholas Music の経営にあたり、米国作曲家作詞家出版者協会(ASCAP)のディレクターを1957年から1961年まで務めた。1981年、マークスはソングライターの殿堂英語版入りを果たした[5]

主な作品[編集]

クリスマスソング[編集]

1964年の NBC/Rankin-Bass 制作のテレビ番組『Rudolph, The Red-Nosed Reindeer』の音楽

  • A Holly Jolly Christmas – 1964年 - 1965年(シングル盤リリース)**
  • Jingle, Jingle, Jingle – 1964年
  • The Most Wonderful Day of the Year – 1964年
  • Silver and Gold – 1964年 - 1965年**
  • We Are Santa's Elves – 1964年
  • There's Always Tomorrow - 1964年
  • The Island of Misfit Toys - 1964年
  • We're a Couple of Misfits - 1964年

** 番組の放送の翌年のクリスマス休暇の時期に合わせて、バール・アイヴスがキャラクター「雪だるまのサム(Sam the Snowman)」として、シングル盤「A Holly Jolly Christmas/Silver and Gold」をリリースした。

1975年の DePatie-Freling 制作のテレビ番組『The Tiny Tree』の音楽[6][7]

  • To Love And Be Loved - 1975年
  • When Autumn Comes - 1975年
  • Tell It to a Turtle - 1975年
  • A Caroling We Go - 1966年
  • A Merry Merry Christmas To You - 1959年
  • Joyous Christmas - 1969年

その他の作品[編集]

  • Happy New Year Darling – 1946年、J・カーメン・ロンバルド(J. Carmen Lombardo)との共作
  • Address Unknown
  • Chicken Today and Feathers Tomorrow
  • Don't Cross Your Fingers, Cross Your Heart
  • Free
  • How Long Is Forever?
  • I Guess There's an End to Everything
  • Neglected
  • She'll Always Remember
  • Summer Holiday
  • There's Always Tomorrow
  • We Speak of You Often
  • What've You Got to Lose But Your Heart
  • Who Calls?

脚注[編集]

  1. ^ Bloom, Nate (2006年12月19日). “The Jews Who Wrote Christmas Songs”. InterfaithFamily. 2012年12月20日閲覧。
  2. ^ Barbara Ellen (2001年12月9日). “Why a sad song says so much”. The Guardian. https://www.theguardian.com/theobserver/2001/dec/09/features.review57 
  3. ^ a b Bloom, Nate (2011年12月20日). “Shining a Light on the Largely Untold Story of the Origins of Rudolph, the Red-Nosed Reindeer”. InterfaithFamily.com. 2011年12月22日閲覧。
  4. ^ The Probability that a Real-Estate Agent is Cheating You (and other riddles of modern life): Inside the curious mind of the heralded young economist Steven Levitt by Stephen J. Dubner, New York Times Magazine, August 3, 2003
  5. ^ Johnny Marks at the Songwriters Hall of Fame
  6. ^ The Tiny Tree at the Internet Movie Database
  7. ^ "The Tiny Tree - DePatie-Freling - 1975," YouTube