ジョニー・ホートン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョニー・ホートンの「Take Me As I Am」ジャケット

ジョニー・ホートン英語: John LaGale Horton、1925年4月30日-1960年11月5日)は、アメリカカントリーミュージックホンキートンクロカビリー歌手ミュージシャンであった。

概要[編集]

ジョニー・ラゲイル・ホートンはアメリカロサンジェルス生まれ。[1]1950年代から1960年代初頭にかけて、アメリカのカントリーミュージックホンキートンクロカビリーシンガーミュージシャンで、1959年のシングル以降、国際的なヒットとなった彼の代表的歌で最もよく知られている。「ニューオーリンズの戦い」(The Battle of New Orleans)は、1960年のグラミー賞のベスト・カントリー&ウェスタン・レコーディングを受賞した。この曲は2001年にはアメリカレコード協会の「世紀の歌」でも333位に載せられた。彼の最初のナンバーワン・カントリーソングは1959年の「アラスカの春の時(それは40度以下)」(When It's Springtime in Alaska --- It's Forty Below)であった。[2]

ホートンの音楽は通常、アメリカの歴史的なテーマと伝説に基づいたフォーク・バラードを含んでいた。彼は1960年にイギリス映画『ビスマルク号を撃沈せよ!』から着想を得た「ビスマルク号を沈めよ」(Sink the Bismark)と「北のアラスカへ」(North to Alaska)で成功を収めた。後者は、同名のジョン・ウェイン映画の主題歌として利用された。

ホートンは1960年11月、その名声のピークを迎え、突破口から2年も経たないうちに、テキサス州の交通事故で亡くなった。彼は「ロカビリーの殿堂[3]および「ルイジアナ音楽の殿堂」(Louisiana Music Hall of Fame)に登録されている。

脚注[編集]

  1. ^ [Colin Larkin, ed. (1997). The Virgin Encyclopedia of Popular Music (Concise ed.). Virgin Books. p. 624. ISBN 1-85227-745-9
  2. ^ Johnny Horton (Texas State Historical Association)
  3. ^ Johnny Horton (Rockabilly Hall of Fame)

参照項目[編集]

外部リンク[編集]