ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント/ゲスの極みオトナの遊園地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント/ゲスの極みオトナの遊園地
Action Point
監督 ティム・カークビー英語版
脚本 ジョン・オルトシュラー英語版
デイヴ・クリンスキー英語版
原案 ジョニー・ノックスビル
デレク・フリーダ
ジョン・オルトシュラー
デイヴ・クリンスキー
マイク・ジャッジ
製作 ジョニー・ノックスビル
デレク・フリーダ
ビル・ガーバー英語版
製作総指揮 ジョン・カイパー
出演者 ジョニー・ノックスヴィル
クリス・ポンティアス英語版
エレノア・ワーシントン・コックス英語版
スーザン・イーグリー英語版
音楽 デク・ディッカーソン英語版
アンドリュー・フェルテンスタイン
ジョン・ナウ
撮影 マイケル・スナイマン
編集 マシュー・コジンスキー
ニコラス・モンスール
製作会社 ガーバー・ピクチャーズ英語版
ハロー・ジュニア
配給 アメリカ合衆国の旗パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗2018年6月1日
日本の旗劇場未公開
上映時間 85分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1900万ドル[2]
興行収入 世界の旗$5,059,608[2]
テンプレートを表示

ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント/ゲスの極みオトナの遊園地』(原題:Action Point)は2018年に公開されたアメリカ合衆国コメディ映画である。監督はティム・カークビー英語版、主演はジョニー・ノックスビルが務めた。本作は日本国内で劇場公開されなかったが、2018年9月5日にDVDが発売された[3]

ストーリー[編集]

D.C.カーヴァーは孫娘のルディを前に、自身が遊園地のオーナーだった頃の話を聞かせていた。カーヴァーにとって、その遊園地は歴史上最も素晴らしい遊園地の一つであったが、その内実は散々なものであった。

数十年前、カーヴァーはアクション・ポイントという名前の遊園地を運営していた。アクション・ポイントには様々な遊具があったが、デザインの安っぽさが目立っていた。しかも、スタッフの経験不足が原因で、遊具の維持管理もままならぬ状態にあった。危険だらけの遊園地であったにも拘わらず、アクション・ポイントは子供たちに愛されていた。というのも、近隣には他に遊園地がなかったからである。そんなある日、近隣に新しい遊園地セブン・パークスが開園することになった。セブン・パークスは最新鋭の遊具を備えており、安全性の面でもアクション・ポイントを遙かに上回っていた。その結果、アクション・ポイントの来園者はどんどん少なくなっていった。売り上げの低迷が原因で、カーヴァーは銀行から借りていた10万ドルの融資を返済できなくなり、債権者のノブロックから遊園地の売却を迫られた。そんな折、長らく疎遠だった娘のブーギーがアクション・ポイントを訪れ、遊園地の運営を手伝うことになった。

ある日の夜、D.C.とスタッフたちはセブン・パークスを視察しに行き、「このままでは勝てない。何か大きなことをやらないと駄目だ」と悟った。そして、D.C.はとんでもないアイデアを思いつく。D.C.は「セブン・パークスが安全性を売りにするなら、アクション・ポイントは危険を売りにすれば良い」と考え、遊具から一切の安全装置を撤去した。その結果、アクション・ポイントの人気は一時的に盛り返したものの、D.C.を含む数名が重傷を負うに至った。これにはブーギーも呆れるしかなかった。

しばらくして、D.C.とスタッフは地元のテレビ番組の収録に乱入し、「危険すぎる遊園地、アクション・ポイントにレッツゴー!」などとやかましく宣伝した。意外なことに、この宣伝が功を奏し、アクション・ポイントに来園する人が増えた。ところが、人が増えすぎたばかりに園内が無秩序状態に陥ることになった。事態の収拾にもたついた結果、当局から遊園地の閉鎖を言い渡される事態となった。

返済までの猶予が残り少なくなり、D.C.とスタッフは焦りを募らせていたが、ここに来て親子の問題も再燃することとなった。

キャスト[編集]

製作[編集]

2017年1月31日、ジョニー・ノックスビル主演の新作コメディ映画『Action Park』が製作されると報じられた[4]。3月、本作の主要撮影南アフリカ共和国ケープタウンで行われた[5]。撮影中、ノックスビルは腕を骨折するなどの重傷を負った[6]。2018年3月21日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[7]

興行収入[編集]

本作は『アップグレード』及び『アドリフト 41日間の漂流』と同じ週に封切られ、公開初週末に550万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが[8]、実際の数字はそれを下回るものとなった。2018年6月1日、本作は全米2032館で公開され、公開初週末に239万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場9位となった[9]Deadline.comは本作が興行的に失敗した原因として、ジョニー・ノックスヴィル以外の『ジャッカス』出演者が出ていないこと、批評家から酷評されたこと、R指定のコメディ作品であることを挙げている[10]

評価[編集]

本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには45件のレビューがあり、批評家支持率は13%、平均点は10点満点で3.6点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「痛々しい!」となっている[11]。また、Metacriticには19件のレビューがあり、加重平均値は36/100となっている[12]。なお、本作のシネマスコア英語版はC+となっている[13]

出典[編集]

  1. ^ ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント ゲスの極みオトナの遊園地”. 映画.com. 2019年1月28日閲覧。
  2. ^ a b Action Point”. Box Office Mojo. 2019年1月28日閲覧。
  3. ^ ジョニー・ノックスヴィル アクション・ポイント / ゲスの極みオトナの遊園地”. Amazon.com. 2019年1月28日閲覧。
  4. ^ Paramount Sets Johnny Knoxville Comedy Action Park”. Deadline.com (2017年1月31日). 2019年1月28日閲覧。
  5. ^ Johnny Knoxville to Star in Theme Park Comedy Movie for Paramount”. Variety (2017年1月31日). 2019年1月28日閲覧。
  6. ^ Johnny Knoxville Breaks Down Every Injury of His Career”. Vanity Fair (2018年6月5日). 2019年1月28日閲覧。
  7. ^ Action Point (2018) - Official Trailer - Paramount Pictures”. YouTube (2018年3月21日). 2019年1月28日閲覧。
  8. ^ No New Summer Blockbusters This Weekend as 'Adrift', 'Action Point' & 'Upgrade' Debut”. Box Office Mojo (2018年5月31日). 2019年1月28日閲覧。
  9. ^ June 1-3, 2018”. Box Office Mojo. 2019年1月28日閲覧。
  10. ^ ‘Action Point’ Reps Box Office Casualty For Johnny Knoxville With $2M+ Opening: Here’s Why”. Deadline.com (2018年6月2日). 2019年1月28日閲覧。
  11. ^ Action Point”. Rotten Tomatoes. 2019年1月28日閲覧。
  12. ^ Action Point (2018)”. Metacritic. 2019年1月28日閲覧。
  13. ^ ‘Solo’ Hits Asteroid With $29M+; ‘Action Point’ Condemned To $2M+: Post-Memorial Day Blues At The B.O.”. Deadline.com (2018年6月3日). 2019年1月28日閲覧。

外部リンク[編集]