ジョニーは演奏する

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジョニーは演奏する』(Jonny spielt auf )は、エルンスト・クルシェネク台本作曲によるオペラ。作品45。1922年2月10日ライプツィヒにて初演され大成功をおさめた。この成功は、クルシェネクが生涯にわたり作曲家として活動するための経済的安定をもたらした。しかしながら、ナチス党が台頭するにつれ、1927年から1928年にかけてウィーンのナチス党信奉者から作品は敵視されることとなった。その後ドイツにおいてナチス党が政権をとると、この作品の上演は禁止された。[1]

主要登場人物[編集]

  • アニータ:オペラ歌手(ソプラノ
  • マックス:作曲家(テノール
  • ダニエロ:ヴァイオリニスト(バリトン
  • ジョニー:黒人のジャズバンド・ミュージシャン(バリトン)
  • イヴォンヌ:ホテルのメイド(ソプラノ)
  • ホテルの支配人(テノール)
  • 鉄道員(テノール)
  • アーティスト(テノール)
  • 第1の警察官(テノール)
  • 第2の警察官(バリトン)
  • 第3の警察官(バス

主な録音[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Rickards, Guy, "Record Review" (December 993). Tempo (New Ser.), 187: pp. 55-57.

文献[編集]

  • Holden, Amanda, Viking Opera Guide ,Viking, ISBN 0670812927
  • Taylor-Jay, Claire, The Artist-Operas of Pfitzner, Krenek, and Hindemith: Politics and the Ideology of the Artist, Aldershot: Ashgate, 2004.