ジョセフ・ハーバーシャム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセフ・ハーバーシャム

ジョセフ・ハーバーシャム(Joseph Habersham, 1751年7月28日 - 1815年11月17日)は、アメリカ合衆国実業家政治家1795年から1801年まで第6代アメリカ合衆国郵政長官を務めた。

生い立ちと家族[編集]

1751年、ハーバーシャムはジョージア植民地サヴァナにおいて、ジェイムズ・ハーバーシャム (James Habersham) とメアリー・ボルトン (Mary Bolton) の息子として生まれた。ハーバーシャムは私立学校で学び、プリンストン大学に進んだ。その後ハーバーシャムは商人および農場主として成功を収めた。

1776年5月19日、ハーバーシャムはイザベラ・レイ (Isabella Rae) と結婚した。

アメリカ革命[編集]

1775年、ハーバーシャムはジョージア植民地議会の議員となった。ハーバーシャムはジョージア民兵で少佐を務め、大陸軍に加わると大佐となった。1785年、ハーバーシャムはジョージア植民地代表として連合会議に参加した。1788年にはジョージア州として合衆国憲法を批准のための会議にも参加した。

ハーバーシャムは1792年から1793年までサヴァンナ市長を務め、1795年ジョージ・ワシントン大統領から郵政長官として任命された。ハーバーシャムは1801年まで郵政長官を務めた。

晩年[編集]

ハーバーシャムは1802年第一合衆国銀行のサヴァンナ支店銀行頭取に就任した。そして1815年、ハーバーシャムはジョージア州サヴァンナにおいて死去した。ハーバーシャムの遺体はサヴァンナ市内の植民地墓地に埋葬された。

外部リンク[編集]

公職
先代:
トマス・ギボンズ
サヴァンナ市長
1792年 - 1793年
次代:
ウィリアム・スティーヴンズ
先代:
ティモシー・ピカリング
アメリカ合衆国郵政長官
1795年2月25日 - 1801年11月28日
次代:
ギデオン・グレンジャー