ジョセフ・カナタチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョセフ・カナタチ
Joseph A. Cannataci
人物情報
生誕 1961年????
国籍 マルタの旗 マルタ
出身校 マルタ大学
オスロ大学
学問
研究機関 マルタ大学
公式サイト
Prof Joseph A. Cannataci(マルタ大学 教職員紹介)
テンプレートを表示

ジョセフ・カナタチ[1]ジョセフ・ケナタッチ[2]英語: Joseph A. Cannataci1961年 - )は、法学者マルタ大学教授[3]。専門は情報技術(IT)法[4]

来歴[編集]

1979年、デ・ラ・サール大学英語版付属中、高等学校を卒業[5]。1984年、マルタ大学卒業。1986年、同大大学院にて法学博士号を取得[3]

1987年、オスロ大学にて、IT法の学位を取得[5]。1988年12月から母校のマルタ大学に赴任し、通信技術センターの課長法&IT研究ユニット長に就任。平行して、2006年セントラル・ランカシャー大学英語版の法学教授に就任[3]。 2017年時点で、マルタ大学 情報知識学部情報政策&ガバナンス学科長。

活動[編集]

2015年7月より、プライバシー権に関する国連特別報告者[4]2016年ルイス・ブランダイス・プライバシー賞受賞[6]

2017年5月18日日本の「テロ等準備罪」を新設する組織的犯罪処罰法改正案をめぐって、安倍晋三内閣総理大臣宛に書簡[7] [8]を送付、「プライバシーや表現の自由を過度に制限するおそれがある」などと懸念を表明した[1][2]

同年6月21日組織的犯罪処罰法改正案が公布されたことを受け、「参議院での議論を政府が認めなかったことに失望した」と事実上嘆く発言を表明[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]