ジョシュ・シンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジョシュ・シンプソン Football pictogram.svg
Josh Simpson.jpeg
親善試合・ウクライナ戦(2010年)
名前
本名 ジョシュア・クリストファー・シンプソン
Joshua Christopher Simpson
ラテン文字 Josh SIMPSON
基本情報
国籍 カナダの旗 カナダ
スイスの旗 スイス
生年月日 (1983-05-15) 1983年5月15日(35歳)
出身地 バーナビー
身長 183cm
体重 77kg
選手情報
ポジション FW (WG)
利き足 左足
ユース
1995-2001 カナダの旗 LISAバンクーバー
2001-2003 アメリカ合衆国の旗 ポートランドパイロッツ英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2004 アメリカ合衆国の旗 ボルダー・ラピッズ英語版 14 (7)
2004-2006 イングランドの旗 ミルウォール 43 (2)
2006-2009 ドイツの旗 カイザースラウテルン 63 (12)
2009-2012 トルコの旗 マニサスポル 78 (18)
2012-2015 スイスの旗 ヤングボーイズ 11 (0)
2016 スイスの旗 ムリ=ギュムリゲン 4 (2)
2004-2016 通算 218 (43)
代表歴2
2002-2003 カナダの旗 カナダ U-20 20 (3)
2001-2004 カナダの旗 カナダ U-23 5 (0)
2004-2012 カナダの旗 カナダ 43 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年8月17日現在。
2. 2012年10月13日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ジョシュア・クリストファー・"ジョシュ"・シンプソンJoshua Christopher "Josh" Simpson, 1983年5月15日 - )は、カナダバーナビー出身の元同国代表サッカー選手。現役時代のポジションはFW(左ウィング)。

経歴[編集]

初期[編集]

ブリティッシュコロンビア州バーナビーで生まれると、サッカー奨学金でポートランド大学に入学しキャリアを始めた。2004年に同胞のアドリアン・セリュー英語版と共にミルウォールFCへ入団、プリマス・アーガイルFC戦でデビューをした。2006年5月23日、ドイツ1.FCカイザースラウテルンと3年契約を結んだ[1]

トルコ時代[編集]

2009年6月25日にスュペル・リグマニサスポルと契約するためにドイツを去った[2]。2010年9月26日、ホームにスィヴァススポルを迎えた試合でキャリア初のハットトリックを決め3-0で勝利した。2011年2月22日に、クラブと2013-14シーズン終了までの契約を新たに結んだ[3]。2010-11シーズンは、12ゴールを決める活躍でクラブを10位に押し上げた。ジャジャ英語版オルジャン・アドゥン英語版と並び得点ランク7位になった。2011-12シーズン開幕戦である9月10日のトラブゾンスポル戦で、アリザ・マククラと交代で後半から出場すると、1点のビハインドを負う中で88分に同点ゴールを決めた[4]。2012年1月16日、1-2で敗北したフェネルバフチェSK相手にシーズン2ゴール目を決めたが、その翌日に賃金未払いによりクラブと契約解除したことを発表した[5]

スイス時代[編集]

2012年1月19日にBSCヤングボーイズと3年契約を結んだ[6]。2月12日のFCシオン戦にダヴィド・デゲンと交代で後半から出場、1-0でデビュー戦を勝利で飾った。5月23日のシーズン最終戦FCバーゼルとの試合で腓骨を骨折。全治3ヶ月のと診断され、前週からカナダ代表として招集されていた2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選3次予選(最終予選)欠場を余儀なくされた[7]

2013-14シーズン限りでヤングボーイズを退団し、2015年5月に現役引退を表明[8]。翌年3月、3.リーガ(スイス7部相当)のFCムリ=ギュムリゲンに加入し現役に復帰した[9]

代表歴[編集]

U-20代表として2003 FIFAワールドユース選手権を戦い、ブルキナファソ相手に唯一となるゴールを決め、準々決勝進出に貢献した。2003 FIFAワールドユース選手権でもメンバーに選出されたが、この時はスタメンどころかベンチ入りもしなかった[10]

2004年1月のバルバドスとの親善試合でA代表デビュー[11]2009 CONCACAFゴールドカップでは23名のメンバーに入り、勝ち点7・無敗でグループリーグ首位通過するも準々決勝ホンジュラス戦で敗退した。2010年9月7日の同じくホンジュラス戦で、代表初ゴールを決め2-1で勝利した。

2011 CONCACAFゴールドカップでグループリーグ敗退となった後、2011年9月2日にBMOフィールドで行われた2014 FIFAワールドカップ・北中米カリブ海予選2次予選初戦のセントルシア相手に2ゴールを決めた[12]。2ヶ月後の2次予選4-0で勝利したセントクリストファー・ネイビス戦で代表通算4ゴール目を決めた[13]。12月上旬、2011年度のカナダ年間最優秀選手の最終候補にドウェイン・デ・ロサリオシメオン・ジャクソン英語版と共に名を連ねたが、12月14日の発表の結果その座はデ・ロサリオに渡り自身は3位に終わった[14]

脚注[編集]

  1. ^ Josh Simpson – Der Betze brennt
  2. ^ Simpson verlässt den FCK Archived 2009年6月26日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Simpson 2014'e kadar 'Tarzan'
  4. ^ Manisaspor vs. Trabzonspor
  5. ^ Josh Simpson Terminates Contract with Manisaspor
  6. ^ Canada midfielder Simpson joins Swiss Club Young Boys
  7. ^ Canadian international Josh Simpson suffers broken leg
  8. ^ Den langen Kampf verloren”. derbund.ch (2016年5月22日). 2017年8月20日閲覧。
  9. ^ Simpson gibt Comeback bei Amateuren in 3. Liga”. blick (2016年3月22日). 2017年8月20日閲覧。
  10. ^ Canada Soccer Profile Archived 2011年6月5日, at the Wayback Machine.
  11. ^ Appearances for Canada National Team
  12. ^ Canada Dominates St. Lucia In Brazil Quest
  13. ^ De Rosario, Canada hammer St. Kitts and Nevis
  14. ^ "De Rosario is male selection for 2011 BMO Canadian Player of the Year award"

外部リンク[編集]