ジュール毎モル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジュール毎モル (ジュールまいモル、J·mol−1) は、物質量あたりのエネルギーを表わすSI組立単位である。エネルギーはジュールで測り、物質量はモルで測る。例えば、ギブズ自由エネルギー英語版などはジュール毎モル単位で測られる。

1 mol6.02214×1023 だけの粒子原子分子イオンなど)を表わすので、 1 ジュール毎モルは 1 ジュールを 6.02214×1023 個の粒子に分配したエネルギー、すなわち1粒子ごとに 1.66054×10−24 ジュールのエネルギーに等しい。これは極めて小さい量であり、電子ボルト (eV) などの単位で表わされることも多い(後述)。

J·mol−1 を用いて記述される物理量としては、相転移化学反応に伴うエネルギーの移動量が挙げられる。モル数で割ることにより、物質の量が異なる過程や、類似の物質の関わる過程を比較することができる。このような量の意味は常に文脈依存であり、特に化学反応の場合はどの化学種の「モル数」に注目するかに依存し、恣意性が残る。

このような過程に関わる量の大きさから、kJ·mol−1 の方が便利であるため J·mol−1 よりも使われることが多い。例えば、融解熱蒸発熱は通常 10 kJ⋅mol−1オーダーであり、結合エネルギー100 kJ⋅mol−1イオン化エネルギー1000 kJ⋅mol−1 のオーダーである。

1 kJ⋅mol−10.239 kcal⋅mol−1、および1粒子あたり 1.04×102 eV に相当する。室温(25 °C, 298 K)においては、1 kJ⋅mol−1 は 0.4034  に相当する。