kT (エネルギー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
25 °C (298 K) での kT の値 単位
kT = 4.11×10−21 J
kT = 4.114 pN⋅nm
kT = 9.83×10−22 cal
kT = 25.7 meV
関連する量
kT/hc = 200 cm−1
kT/e = 25.7 mV
RT = kTNA = 2.479 kJ⋅mol-1
u = 0.593 kcal⋅mol−1
h/kT = 0.16 ps

kTボルツマン定数 k温度 T の積である。この積は物理学において、分子スケールの系におけるエネルギー値のスケーリング因子として(エネルギーの単位として用いられることもある)、エネルギーのみには依存しないが、エネルギーと kT との比、すなわち E/kTアレニウスの式ボルツマン分布を参照)には依存する多くの過程の速度および頻度として使用される。正準集団に従う平衡系では、エネルギー E を持つ状態にある系の確率は e−ΔE/kT に比例する。

より根本的には、kT は系の熱力学的エントロピーの増大に必要なの量である(自然単位系ではナット)。したがって、E/kT は自然単位系において測定される分子毎のエントロピーの量を表わす。

数多くの分子が含まれる巨視的スケールの系では、RT 値が一般的に使用される。そのSI単位はジュール毎モル(J/mol: (RT = kTNA))である。

脚注[編集]