ジュゼッペ・モスカーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
聖ジュゼッペ・モスカーティ
San Giuseppe Moscati.jpg
医師
生誕 1880年7月25日
イタリア王国の旗 イタリア王国ベネヴェント
死没 1927年4月12日
イタリア王国の旗 イタリア王国ナポリ
列福日 1975年11月16日
列福決定者 パウロ6世
列聖日 1987年10月25日
列聖決定者 ヨハネ・パウロ2世
記念日 11月16日
テンプレートを表示

ジュゼッペ・モスカーティ(Giuseppe Moscati 1880年7月25日-1927年4月12日)はイタリア医師カトリック教会聖人。記念日は11月16日

生涯[編集]

モスカーティは当時、困難な時期にキリスト教信仰を告白した判事の9人の子供の一人としてベネヴェントで生まれた。ナポリ大学で医学を修得、首席の学位勲章を授与された。23歳で医師になり医学研究に従事し、また貧困層への奉仕に携わった。1911年、化学生理学教授に任命され、ヨーロッパ全土から名声を得た。 私生活では父から受け継いだキリスト教信仰を守り、医師としての仕事に影響を与えた。モスカーティの治療を受けた司祭、修道者らは彼の霊性を高く評価した。

1927年4月12日、病院での朝の診察後、体調不良になり自宅の部屋のいすに座り、そのまま死去した。教会はモスカーティの英雄的聖徳を認め、1987年、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世によって列聖された。

出典[編集]

  • 『聖人事典』ドナルド・アットウォーター、キャサリン・レイチェル・ジョン著、山岡健訳 1998年、三交社

関連項目[編集]